株式会社ビック・ママ様

受発注管理システム
タフパッドを導入し、洋服リフォームの受発注管理業務を効率化。女性でも扱いやすいハンディタイプのバーコードリーダーで、快適な作業を実現しています。

片手で持ち運べる頑丈端末『FZ-E1』が、
洋服リフォームの受発注管理業務の作業効率を大幅に向上!

洋服のボタン付けやズボンの裾直しなどの洋服リフォームを全国60店舗以上で展開するのは、仙台に本社を構える株式会社ビック・ママ。毎月35,000点を超える商品が全国の各店舗に持ち込まれ、そのうち約半数が仙台本社1階にある商品センターと呼ばれる作業工房に送られてきます。毎日大量に届けられるお客様の大切な商品は、Windows Embedded 8.1 Handheldを搭載し、バーコードリーダーを内蔵した5型タブレットのTOUGHPAD FZ-E1とWindowsベースの受発注管理システムが連携して、受け入れから送り届けまでを一元管理しています。

代表取締役
守井 嘉朗 様

導入の背景

毎日大量に届く商品の管理のために、Windowsベースの受発注管理システムを従来から導入していました。 商品はバーコードで管理されているのでバーコードリーダーが必要でしたが、これまではデスクトップのWindows PCにUSBバーコードリーダーを接続して読み込んでいました。
USBケーブルが1.5mほどしかないため、業務用の大型ハンガーにかけられた数十点もの商品をハンガーごとPC前に運び、1点1点スキャンするしかなかったのですが、女性スタッフには重労働で、かつ作業効率もかなり悪かったので、ハンディターミナルのような専用の携帯端末の導入を検討していたところにFZ-E1を紹介され、すぐに導入を決定しました。


導入のポイント

  • 自由に持ち運びできるハンディタイプのバーコードリーダーが必要だったこと。
  • Windowsベースの既存システムとの連携が容易。
  • ある程度の高さから落としても壊れないほど頑丈(タフ)であること。

導入のメリット

  1. Windowsベースなので既存システムからの改修が容易で安価。
  2. 女性でも片手で持てて持ち運びできるため作業時間が大幅に短縮。
  3. 頑丈で壊れる心配がないので安心して利用でき稼働率が向上。

業務用の大型ハンガーは、その重さに加えて作業現場に落ちている糸クズがタイヤに絡み付くため、女性スタッフの力で移動させるのはとにかく大変で…。ひどい時には、70着ほどの衣類が掛けられた重たいハンガーを5m以上引きずってデスクトップPCの前まで移動させ、バーコードのUSBケーブルを限界まで引っ張ってスキャンし、また元の場所に引きずって戻す…といった状況でしたが、今ではTOUGHPAD FZ-E1をハンガーの場所まで持って行き、片手でピッピッピ、で終わりですからね。女性の手でも軽く持って動けるので、心身ともにかなり楽になり、ストレスも解消しました。TOUGHPAD FZ-E1の登場で、既存システムの活用性は更に高まり、新たな価値や可能性を与えてくれたように思います。

また、Windows Embedded 8.1 Handheldを搭載しているTOUGHPAD FZ-E1は、以前から導入していたWindowsベースの受発注管理システムとの連携が非常に容易であったことが、導入費用などの面でも有利でした。ハンディターミナルのような専用の携帯端末を導入しようと思うと、システム改修等にTOUGHPADの2倍以上の費用が必要なので、この差はとても大きいですね。
またTOUGHPAD FZ-E1の導入は、現場オペレーションを劇的に改善してくれました。一番は大幅な時間短縮で、これまでのように女性スタッフが大型ハンガーをPC前まで移動させていた時と比べると、作業時間は半分ほどに減ったのではないでしょうか。予定時間内に終わらない、ということが無くなりましたから。それと、落としても壊れない頑丈性能も、慌ただしい現場で作業を行っている女性スタッフが、安心かつ積極的に業務に取り組むために、欠かせない要素ですね。


TOUGHPADを活用したこれからの展望

今はまだ作業工房でのみ活躍しているTOUGHPAD FZ-E1ですが、とにかく本当に使い勝手が良いので、近いうちに導入台数も増やし、工房だけではなく各店舗での導入・稼働も行う予定です。それによって、これまでは大変で実現できていなかった部分にも管理の範囲を拡大して、品質の向上やサービスの向上に努めたいと考えています。

株式会社ビック・ママ様WEBサイトはこちら


導入機種