トーベル 株式会社様

HD映像コミュニケーションシステム
余計なノイズをカットし、クリアな音質を実現したことで会議の質が向上。無駄なストレスが無くなり、よりスピーディな意思決定が可能になりました。

概要

既設システムの課題をHDコム導入で解決。
雑音の少ないクリアな音声がスムーズな会議をサポート。

導入パターン:2地点接続

大阪本部と東京本社をつないでの役員営業会議の様子。
表情まで鮮明に映し出された東京本社側の映像。
KX-VC300の上に三脚でカメラを固定。
会議以外に、デザイナーとパタンナーの打ち合わせにも活用。

事例サマリ

課題

  • 時間削減・判断スピード化

解決策

他社製品に比べ、格段に音質と画質が向上したことで、会議の進行がスムーズになり、プロジェクト期間の短縮化とコスト削減に貢献。


導入の背景

中堅婦人服メーカーのトーベル株式会社様は、商権の関係で大阪本部と東京本社に機能が分かれています。そのため、経営効率を高めるため10年以上前から他社ビデオ会議システムを導入し、活用されていました。システム会社からは端末だけでなく回線も含めて導入し、ISDN回線版からブロードバンド回線版と、2世代にわたり使い続けられてきました。主に役員営業会議に活用されていましたが、早期導入機器のためシステム的にも古くなってきたことで、運用に支障も出ていました。特に音に対しての不満が強く、会議中に紙の資料をめくる音をマイクが大きくひろう耳障りな雑音がストレスとなっていました。しかし、それに耐えながら使い続けている現状があり、有意義な会議のため改善すべき課題でした。


導入のポイント

  • 高画質
  • 高音質
  • コストパフォーマンス
  • 手元ノイズ抑制機能

ポイントは、HDコムが音質に関しての問題点をクリアできたことと、従来使用していた他社製品と比較した際の画質の良さでした。特に音質に関しては、ストレスの原因となっていた雑音を低減する「手元ノイズ抑制機能」がHDコムについていたことが導入の決め手となりました。ご提案に際しては、トーベル株式会社様にて行われる実際の役員営業会議にて持ち込みデモを行い、他社製品と比較・検討。その結果、最終的に音質の良さと価格のリーズナブルさを感じていただくことができ、導入に至りました。


導入後のメリット

改善ポイント

  1. 音質の向上により会議中のストレスが無くなり、進行もスムーズに。
  2. 画質が良くなったことで役員以外の打合せでも活用され、判断のスピード化に貢献。
  3. プロジェクト期間の短縮以外にも、移動コストの削減に貢献。

従来使用していた他社製品に比べ、音質が格段に良くなったことでストレスがなくなり、以前よりも会議の進行がスムーズになりました。これにより週1回は必ずHDコムで会議を行うようになったと好評です。また、以前は役員営業会議のみの使用でしたが、画質が良くなった事で、それ以外での用途にも活用されるようになりました。例えば東京のデザイナーと大阪のパタンナーの打ち合わせでは、HDコムで実際の映像を見ながらマネキンにサンプルを着せて見せることで、その場で仕様を決定できるようになり、プロジェクト期間の短縮とコスト削減に貢献しています。今後は、大阪と九州間で実務の打合せをビデオ会議で行いたいとのご要望があり、増設を検討いただいております。


導入システム

HD映像コミュニケーションユニット KX-VC300×2台


システム概要

イメージ

お客様情報

トーベル 株式会社 様

トーベル株式会社様は、婦人服の企画・製造・卸し・販売をされているアパレル会社です。
販売ネットワークは全国有名百貨店、専門店および直営店を軸に構成されていて、営業拠点は東京、大阪、九州です。ミセスからミッシー、キャリア層をターゲットに、ヨーロッパ感覚のプレタポルテ(高級既製服)メーカーとして知られており、良い素材、すぐれた縫製にこだわったモノづくりで高い評価を受けています。

トーベル株式会社 大阪店 総務部 マネージャー 鈴木 明 様