写真:顔認証の入場と決済の実証実験
写真:顔認証の入場と決済の実証実験

株式会社読売新聞東京本社様
株式会社読売巨人軍様
株式会社東京ドーム様

実証実験 顔認証の入場と決済の実証実験
関係者を対象とした顔認証の入場、および一般来場者を対象とした顔認証の決済についての実証実験。

解決策

東京ドーム内に顔認証で利用できるサービスが拡充されることで、感染症対策として有効な『接触機会の低減』を実現しながら、来場者の快適な空間づくりとスタッフの業務効率化に貢献し、さらなる東京ドームのサービス向上をサポート。本実証実験を通して、本導入に向けた運用時の課題や効果を検証します。

スタジアムでの新たな体験の提供。顔認証の技術実証は、みなさまの注目の的になるものだと期待を寄せております。

読売新聞東京本社 アライアンス戦略本部
次長 黒飛 陽様

実証実験概要

株式会社読売新聞東京本社・株式会社読売巨人軍・株式会社東京ドームと協業し、東京ドームで、関係者を対象とした顔認証の入場、および一般来場者を対象とした顔認証の決済についての実証実験を、2021年3月3日より順次開始します。東京ドームでは、来場者に感動体験をしていただくため、「世界トップレベルの清潔・安全・快適なスタジアム」を目指し、新型コロナウイルス感染対策の施策やDXに取り組んでおられます。2022年シーズンからは、巨人戦での飲食物やグッズ等の買い物時の完全キャッシュレス化を導入される予定です。このたび当社は、「ジャイアンツ×東京ドームDXプロジェクト」に参画し、顔認証を用いた入場・決済アプリケーションを提供します。東京ドーム内に顔認証で利用できるサービスが拡充されることで、感染症対策として有効な『接触機会の低減』を実現しながら、来場者の快適な空間づくりとスタッフの業務効率化に貢献し、さらなる東京ドームのサービス向上をサポートいたします。本実証実験を通して、本導入に向けた運用時の課題や効果を検証します。


顔認証入場

事前に登録した関係者の顔画像と、端末のカメラで認証した顔を照合し、本人認証します。スムーズな認証による待ち時間の減少接触機会低減による安心・安全な入場の実現や、チケット紛失やなりすまし等のリスク低減をめざします。


写真:顔認証入場
写真:顔認証入場

顔認証決済

東京ドーム内の店舗に設置された端末で、顔認証での決済を行い、接触機会の低減(感染リスク低減)、手ぶら決済による顧客体験の向上、待ち時間の削減を図ります。

※PIN(暗証番号)入力による2要素認証になります。


写真:顔認証決済
写真:顔認証決済

お客様の声

“スタジアムで新たな体験を提供する”「ジャイアンツ×東京ドームDXプロジェクト」にはそのような夢空間を実現するための施策が詰まっています。なかでも顔認証の技術実証は、みなさまの注目の的になるものだと期待を寄せております。今回、ひと味違う技術としては、withコロナ時代に欠かせないマスクを着用したままで認証が可能な最新鋭のテクノロジーを搭載しつつも、なりすまし等の抑制などセキュリティー面の強化にも繋がるところです。安心してご使用いただけるものとなっております。

今シーズンは残念ながら観客のみなさまにご利用いただくのは物販飲食での決済の部分のみとなりますが、将来的にはチケッティングシステムとの連携など様々な場面での利便性向上を視野に入れて、パナソニックさんとともに研究を進めていくつもりです。

読売新聞東京本社 スタジアム・アリーナ本部 次長 黒飛 陽様
読売新聞東京本社 アライアンス戦略本部
次長 黒飛 陽様


実証期間:2021年3月3日より順次開始

導入地域:東京ドーム

※本件は実証実験事例のため、ご提供できない内容が含まれている可能性があります。