隣地実習の効果を高める実習教育支援システムの活用
隣地実習の効果を高める実習教育支援システムの活用

看護教育の現場 オンラインセミナー

教えて弁護士さん ~実習における個人情報の取り扱い~
終了

概要

教育分野のICT活用は急速に進んでいます。遠隔授業、授業のオンデマンドコンテンツ化、LMSなどのWebサービス活用など日本全国の大学で創意工夫がなされています。本セミナーでは、なかなかITを活用しづらかった実習に焦点をしぼり、看護教育が抱えている課題とITを使って解決できることは何なのかをパネルディスカッション形式で深堀りしていきます。本セミナーでは、IT導入の際に気になる個人情報の取り扱いについて専門家の方のご意見を頂きます。

臨床実習支援システム、多視点3D解剖教育システム商品ページはこちら

プログラム

13:00-13:05 オープニングのご挨拶
13:05-13:15 趣旨説明、全体概要説明
13:15-13:35 実習教育支援システムF.CESSの活用事例
13:35-13:55 教育用のオンライン電子カルテMedi-EYEの活用事例
スピーカー: 神戸市看護大学 療養生活看護学領域(急性期看護学分野) 船木淳先生
14:05-14:10 休憩
14:10-14:50 パネルディスカッション1「実習記録に個人情報を記録していいの?IT化したらどうなるの?」
パネリスト: 吉峯耕平先生(田辺総合法律事務所)、徳永基与子先生(京都光華女子大学)、秦さと子先生(大分県立看護科学大学)
モデレーター: 藤田比左子氏
14:50-15:10 3D解剖シミュレーションシステムの活用事例
15:10-15:50 パネルディスカッション2「同意はどうやって取ればいいの?許される取扱いの範囲は?ITの場合はどうしたらいいの?」
パネリスト: 吉峯耕平先生(田辺総合法律事務所)、徳永基与子先生(京都光華女子大学)、秦さと子先生(大分県立看護科学大学)、永和システムマネジメント 吉岡謙二
モデレーター: 藤田比左子氏
15:50-16:00 クロージングのご挨拶



第一回: 2021年1月24日(日) 13:00~16:00 ※受付終了しました。

  • 実習教育支援システムF.CESSのご紹介
  • 教育用のオンライン電子カルテMedi-EYEのご紹介
  • パネルディスカッション1「紙媒体を用いた実習記録の現状と課題」
  • 多視点3D解剖教育システムのご紹介
  • パネルディスカッション2「リアル基盤の実習指導体制の現状と課題」