サプライチェーンマネジメント業界におけるお客様の現場は、デジタル化が進んでおり、デジタルでの制御、プロセスでの統合コントロール、IoTによるデータ収集・分析、AIとの連携など、デジタル化を活かした生産性向上のニーズが高まっています。また、「ニューノーマル」と言われる、継続的に外部環境が激変する時代を迎え、サプライチェーンの重要性が更に浮き彫りになってきています。

これらの課題に対してパナソニックは、世界最大のサプライチェーン・ソフトウェア専門企業として35 年以上の歴史を有するBlue Yonder(ブルーヨンダー)と戦略的なパートナーシップを結ぶことにより、ソフトウェア、コンサル、サービス分野で提供が可能な組織能力を強化し、当社の事業ステートメントとして掲げる『現場プロセスイノベーション』を進化させて、お客様の経営課題に直結するソリューションを提供してまいります。


戦略的パートナーシップについて

戦略的パートナーシップについて

Blue Yonderの歴史や強みのご紹介と、弊社との戦略的パートナーシップで目指す姿を映像でご紹介します。

Supply Chains Save the World

Supply Chains Save the World

Blue Yonderのコンセプ映像「Supply Chains Save the World(サプライチェーンが世界をよりよいものにすることができる)」をご紹介します。



両社が目指す姿

パナソニックの「現場プロセス事業」とBlue Yonderの「世界最先端SCMソリューション」を融合させ、お客様のサプライチェーンに貢献する新しいソリューションの共同開発に取り組んでまいります。パナソニックのセンシング技術を活用した多彩なエッジデバイス群で、これまでアナログであった現場の各種情報をデジタルで見える化し、そのデータ活用でプロセスを自動化し最適化された現場により生産性を向上させます。さらに、Blue Yonderの最先端SCMソリューションを活用することで、企業内だけではなく、企業間をまたぐサプライチェーン全体の最適化、高度化を目指して社会に貢献いたします。


戦略的パートナシップによるサプライチェーン全体最適化の実現

オートノマス(自律的な)サプライチェーン™ の実現

パナソニックの強みであるデバイス・スマートセンシング・顔認証・ロボティクスなどで現場の重要なデータを吸い上げ、お取引先やサードパーティーの外部データとも掛け合わせて、最終的にBlue Yonderのアプリケーションレイヤーで、機械学習を応用して状況変化をリアルタイムに分析し、その状況に基づいた適切な判断を現場にフィードバックすることで、プロセルの自動化・自律化を推進します。これを「オートノマス(自律的な)サプライチェーン™」と定義し、パナソニックとBlue Yonder は、戦略的なパートナーシップを拡大することにより、この「オートノマス(自律的な)サプライチェーン™」の実現を加速し、社会課題やお客様の経営課題解決に貢献してまいります。


オートノマスサプライチェーンの実現

関連動画

Brightcove-6160815209001

パナソニックと Blue Yonder が戦略的パートナーシップを拡大し、オートノマス(自律的な)サプライチェーン™の実現を加速

サプライチェーン・ソフトウェアの専門企業であるBlue Yonder CEOのギリッシュ・リッシ氏より、パートナーシップ拡大に際するメッセージを映像で紹介します。

※ 2020年5月20日にパナソニックはBlue Yonderに戦略的株式投資(20%)を行うことを発表しました。

Blue Yonder ジャパン 桐生社長インタビュー

パナソニックとBlue Yonderがジョイントベンチャーを作り、代表を務める桐生 卓氏のインタビュー映像で目指す姿を説明

サプライチェーン・マネージメントのリーディングカンパニーである「Blue Yonder」が、パナソニックと日本合弁会社を設立し、協業することで目指すビジョンを紹介します。

※JDA Softwareは2020年2月11日にBlue Yonderへの社名変更を発表しました。

Brightcove-6132094113001

サプライチェーン業界におけるJDAとパナソニックの協業の目的と取り組みの加速について

JDA SoftwareのCEO ギリッシュ・リッシ氏とコネクティッドソリューションズ社 社長 樋口のインタビュー映像です。

※JDA Softwareは2020年2月11日にBlue Yonderへの社名変更を発表しました。

JDA社との連携強化とジョイントベンチャー設立について

パナソニックとJDAが合弁会社を設立する覚書を締結

日本市場での工場・倉庫・流通業向けの協業によるソリューションの提案を推進することを目的に合弁会社設立に関する覚書を締結したことを発表しました。

※JDA Softwareは2020年2月11日にBlue Yonderへの社名変更を発表しました。

Panasonic's collaboration with JDA

パナソニックとJDA共同開発によるSCM向けジョイントソリューションズを発表

ビジュアル・ソート・アシスト、動線分析、欠品検知や顔認証技術を活用する統合ソリューションの開発を紹介します。

※JDA Softwareは2020年2月11日にBlue Yonderへの社名変更を発表しました。

GEMBAメディア記事

Blue Yonderが描く“自律型”サプライチェーンとは

日本企業の課題を解決し改革を加速させるソリューションを――Blue Yonderが描く“自律型”サプライチェーンとは

サプライチェーン・マネジメントのソリューションを全世界4000社以上の顧客に提供

――はじめにBlue Yonderがどんな会社なのか教えてください。

桐生:弊社は1985年にアメリカで創業したサプライチェーン・マネジメントを専門とするソリューションベンダー(販売元)です。資材調達から製造、物流、配送、小売まで、「end to end」(上流から下流まで)のサプライチェーン最適化をコンセプトに掲げ、これまで製造、流通、物流など、全世界4000社以上の顧客にさまざまなソリューションを提供してきました。

パナソニックとJDA Software Group※が見据えるサプライチェーンの未来 ――日本の「つくる・はこぶ・うる」をアップデートする

パナソニックとJDA Software Group※が見据えるサプライチェーンの未来 ――日本の「つくる・はこぶ・うる」をアップデートする

※JDA Softwareは2020年2月11日にBlue Yonderへの社名変更を発表しました。

パナソニックと連携したJDA社は米国アリゾナ州に本社を置くソフトウェア会社。SCM領域におけるソフトウェアの開発、販売、導入、運用コンサルティングを主な事業としており、これまでに4000社を超える顧客への導入実績を持つグローバルリーディングカンパニーだ。全世界の小売トップ企業100社のうち75社がJDA社のサービスを使用しているという。クラウド上で提供するSaaS(Software as a Service)やIoT、AI、機械学習といった最先端の技術を活用し、サプライチェーンの自動化、効率化に取り組んでいる。