同軸変換ユニット WX-SA002
同軸変換ユニット WX-SA002
1.9 GHz帯 デジタルワイヤレスマイクシステムWX-SR200Aシリーズ 同軸変換ユニット WX-SA002

1.9 GHz帯デジタルワイヤレスマイクシステム 同軸変換ユニット

既設の同軸ケーブルを利用して、高音質で電波干渉に強い
1.9 GHz帯デジタルワイヤレスマイクシステムに簡単リニューアル。

WX-SA002

同軸変換ユニット WX-SA002

  • WX-SA002

主な機能

  • 既設の同軸ケーブルを利用して1.9 GHz 帯デジタルワイヤレスマイクシステムを使用可能

  • 同軸ケーブルにて、最大100m まで使用可能

WX-SA002
製品一覧

同軸変換ユニット WX-SA002

お問い合わせ 販売店一覧

強み・特長

概要

本機は、1.9GHz帯デジタルワイヤレスマイクシステムWX-SR200Aシリーズのワイヤレスアンテナ※1とワイヤレス受信機※2との接続に使用するLANケーブル※3を同軸ケーブルに変換するユニットです。

※1:WX-SA250A:別売品
※2:WX-SR202A、WX-SR204A:ともに別売品
※3:CAT5/CAT5e/CAT6 ストレートケーブル


  • 既設の同軸ケーブルを利用して1.9GHzデジタルワイヤレスマイクシステムを使用可能
  • 同軸ケーブルにて、最大100mまで使用可能※1
  • 天井設置、壁取付け設置、据置設置ができます
  • 受信機側用、アンテナ側用をセットでご提供

※1:推奨ケーブルは 5C-2V、5C-FB

null

■システム構成例

null

■接続例

null

設置・接続時のご注意

1. ループ抵抗を5Ω以下にしてください

同軸変換ユニットに同軸ケーブルを接続する前に、以下の確認をすることでケーブル長の妥当性や、ケーブル接触不良がないかの確認ができます。


同軸ケーブルの片側の心線と外部導体をショートする

同軸ケーブルのもう片側で心線と外部導体間の抵抗値(ループ抵抗)をテスターで測定する

抵抗値が5Ω以下であることを確認する


抵抗値が5Ω以上の場合、以下の可能性があります。

  • ケーブル長が長すぎる
  • 同軸ケーブルの途中に接触不良がある
    (特に既設の同軸ケーブルの場合はご注意ください)
null

2. 避雷・誘導雷対策のため、アース端子を設置してください。

本機(受信機側)の背面のアース端子にアース線を接続して、接地してください。


  • 電源コンセントのアース端子などに接続して接地してください。
  • アース端子締付トルク
    0.59N・m〜0.69N・m
    {6kgf・cm〜7kgf・cm}
  • アース線はケーブル通し孔を通して前面に出して配線してください。
null

接続動作条件

接続するアンテナ、受信機、増設受信機はすべてVer.5.00以上の製品をお使いください。

※ソフトウェアVer5.00は、2021年1月よりパナソニックWebサイトにて公開予定。


WX-SE200A WX-SA250A システム動作可否
WX-SR202A/SR204A
(TKロット以降)
Ver.5.00 Ver.5.00 Ver.5.00 ○動作します
Ver.5.00 Ver.4.00
Ver.3.00
Ver.5.00 ×動作しません
Ver.5.00 Ver.5.00 Ver.4.00
Ver.3.00
×動作しません

寸法図(単位:mm)

null

主な仕様

WX-SA002
電源

ワイヤレス受信機接続端子(受信機側同軸変換ユニット)

コネクター:RJ-45

使用ケーブル:CAT5/CAT5e/CAT6 ストレートケーブル

配線距離:最大5 m

ワイヤレスアンテナ接続端子(アンテナ側同軸変換ユニット)

コネクター:RJ-45

使用ケーブル:CAT5/CAT5e/CAT6 ストレートケーブル

配線距離:最大50 m

同軸ケーブル接続端子(受信機側同軸変換ユニット/アンテナ側同軸変換ユニット)

コネクター:BNC

使用ケーブル:5C-FB、5C-2V 同軸ケーブル

配線距離:最大100 m

表示 (インジケーター)

通電、状態

使用温度範囲

0 ℃~45 ℃

使用湿度範囲

10 %~90 %(結露なきこと)

パナソニック システムお客様ご相談センター

購入、製品に関するご相談は、下記よりお問い合わせください。

ガイダンスの5番を押してください。

受付時間 9:00~17:30(土・日・祝日は受付のみ)