決済端末

決済端末機ラインアップ

パナソニックは用途に合わせた多彩なラインナップで安全・安心なキャッシュレス社会の実現に向けて取り組んでいます。
JT-R600

POS接続型マルチ決済端末

jt-r550cr-lineup-01

ユニット型

jt-r361cr

モジュール型

パナソニックの強み

安全・安心なキャッシュレス社会実現に向けて


mobile-others-movie-01

紹介動画


※紹介映像での実績数値は2018年9月末時点のものです。

政府は「日本再興戦略2016」において、クレジット決済端末の100%のIC対応化の実現等、国際水準のセキュリティ環境の実現を目指すとの方針を示しました。2018年4月の「キャッシュレス・ビジョン」では、「未来投資戦略2017」で設定されたキャッシュレス決済比率40%の目標を2025年に前倒しし、将来的には80%を目指していくと宣言されています。2018年6月、安心・安全なクレジットカード利用環境の実現に向け、加盟店に対してセキュリティ対策を義務付ける等の措置を盛り込んだ「割賦販売法の一部を改正する法律」が施行されました。

パナソニックは、用途に合わせた多彩なラインナップ、ソリューションで安全・安心なクレジット利用環境の実現、加速するキャッシュレス社会への貢献を目指して取り組んでまいります。



ICカードリーダー実績
155万台



決済端末実績
約188万台



パナソニック システムお客様ご相談センター
購入、製品に関するご相談は、下記よりお問い合わせください。
受付時間 9:00~17:30(土・日・祝日は受付のみ)