AW-UE80W/Kトップ画像
 AW-UE80W/Kトップ画像
リモートカメラシステム AW-UE80W/K(2021年度第4四半期発売予定)

4Kインテグレーテッドカメラ

AW-UE80W [ホワイトモデル]
AW-UE80K [ブラックモデル]

AW-UE80W/UE80Kメインイメージ 新製品

AW-UE80W/K(2021年度第4四半期発売予定)

  • AW-UE80W/AW-UE80K

主な機能

  • さまざまな撮影場所になじむ小型&ドーム型デザイン

  • 静かな場所でも気にせず使える新ダイレクトドライブモーター搭載

  • 高精細でなめらかな映像を実現 4K/60p撮影

  • AR/VR撮影が低コストで始められるFreeD対応

  • 高画質な映像を低遅延でIP伝送できるHigh Bandwidth NDI®

お問い合わせ 販売店一覧

リアリティショーやイベントなど、幅広い映像制作現場に対応するモデル

出演者の自然な表情を引き出したい映像制作現場や、場の雰囲気を崩したくないイベント撮影に最適なリモートカメラ。 「撮られている感覚」を抑えるドーム型デザイン、動作音が小さく静音性に優れた新ダイレクトドライブモーター搭載で、撮影現場の雰囲気を壊さない自然な撮影を可能にします。加えて、4K/60pの高画質×74.1°の広角撮影×最大24倍の光学ズームで、ハイクオリティな映像を実現。配信における安定性、セキュリティ性にも優れているので、どんな撮影でも安心です。リアリティショーなどの映像制作現場から、ビジネスや教育現場における社内イベントまで幅広い場面でご活用いただける、最上位スタンダードモデルです。

AW-UE80W/K(2021年度第4四半期発売予定)

お問い合わせ 販売店一覧

テクノロジー

4K

4K

水平画角74.1°

水平画角74.1°

PoE++対応

PoE++対応

SRT対応

SRT対応

NDI, NDI|HX対応 Icon

NDI®, NDI®|HX対応

3G-SDI出力

3G-SDI対応

HDMI対応

HDMI対応

強み・特長


1.撮られていることを忘れてしまうほど、自然とその場になじむ


コンパクトなデザイン、かつカメラの動作音が静かなので、設置シーンや場所を選びません。カメラに撮られている感覚が和らぐので、出演者の自然な表情や姿を引き出します。




その場になじむ小型&ドーム型デザインで、出演者の「カメラで撮られている感覚」を最小限に

ドーム型で、かつレンズが奥に位置しているので、カメラの動きが目立ちにくいデザイン。出演者を圧迫することなく、自然な撮影が可能です。 また、2.2kg程度の軽量モデルなので持ち運びにも便利です。


その場になじむ小型&ドーム型デザイン



どんな場面でも使用できる、確かな静音性

場の雰囲気を壊したくないリアリティショーやイベントで使用する場合も、動作音の心配は不要。新ダイレクトドライブモーターは静かにパン(横方向)・チルト(縦方向)することができるので、重要な撮影を邪魔しません。
また、新ダイレクトドライブモーターは、撮りたい場所でぴたりと止まる静止精度、プリセット機能を使用しても同じ場所に戻る正確なカメラワーク、さまざまな速度の対象を取り逃さない滑らかな動作と速度設定も実現。静音性と合わせて、多様なシーンでの撮影で活躍します。


新Direct Driveシステム画像
どんな場面でも使用できる、確かな静音性

※動画はAW-UE100を使用して撮影しています。AW-UE80とAW-UE100は、同じ新ダイレクトドライブモーターを搭載しています。参考としてご覧ください。

 


NC(Noise Criteria)値=騒音の大きさの画像



独自の画揺れ補正で、安定的な映像撮影が可能

クレーンやレールなどの不安定な場所に設置せざるを得ない場合でも、2種類の画揺れ補正機能で安心。カメラ本体の滑らかな動きで調整するロール方向の電子式画揺れ補正(EIS)と、レンズの微調整による光学式画揺れ補正(OIS)を搭載。安定して高品質な映像を撮影することができます。


独自の画揺れ補正で、安定的な映像撮影が可能
独自の画揺れ補正で、安定的な映像撮影が可能

※動画はAW-UE100を使用して撮影しています。AW-UE80とAW-UE100は、同じ画揺れ補正機能を搭載しています。参考としてご覧ください。




天吊りや三脚などにより、人が入りづらい場所でも設置可能

人が入りづらい場所でも柔軟に設置できるため、さまざまな撮影シチュエーションに対応が可能です。

天吊りや三脚などにより、人が入りづらい場所でも設置可能



2.大規模撮影など、さまざまな撮影シーンに対応。全体も細部もハイクオリティに撮影


映像制作のクオリティを落とさず、撮影現場の省人化を実現するなど、多様な撮影ニーズに対応する機能が充実。




4K×広角×高倍率ズームで、「会場の臨場感」をそのまま配信

4Kの高精細映像と広角と高倍率ズームを組み合わせて撮影することで、イベントやコンサート会場の雰囲気、出演者の表情までしっかりと映し出せるので、リアルな空気感を味わえるオンライン配信が可能です。また、ズーム機能で見せたいポイントをしっかり映すことができるので、イベントの魅力がより伝わる配信内容に。最大74.1°の広角と最大24倍の光学ズーム機能を活用すれば、少ない台数でもイベント等での大事な場面の撮り逃しを防ぐことができるため、会場の広さを問わず幅広く活用いただけます。


4Kカメラの映像イメージ
水平74.1°の撮影範囲の例



1台のコントローラー※1で最大200台のカメラを制御

1台のコントローラーで、カメラ複数台をコントロールが可能。PoE++※2対応機器でネットワークに接続することで、LANケーブル1本で映像・音声や制御信号、電源を確保できます。配線の数が減るため、ケーブルが抜けて撮影が中断するなどの接続トラブルの減少や電源の新たな工事をする手間を省けます。また、ロケ地などで仮設撮影する際、設営・撤収の手間と時間が削減できます。

※1:リモートカメラコントローラー:AW-RP150GJAW-RP60GJを利用した場合。
※2:Power over Ethernet Plus Plusの略。LANケーブルを通して電力を供給する技術のこと。


 

<ケーブル接続の簡素化>


ケーブル接続の簡素化

 

<システム構成図>


システム構成図の画像



AR/VR撮影が低コストで始められる

FreeD※1に準拠したコマンドを出力することで、AR/VRシステムとの接続が可能。
AR/VR※2を活用することで、これまでの映像にはない新たな映像制作が実現できます。

※1:FreeDプロトコル:AR/VRシステム用のカメラトラッキングデータを出力するプロトコルです。AW-UE80W/Kは、AR/VRの合成などに必要とされるカメラのパン・チルト・ズーム・フォーカス情報の出力をしています。
※2:AR:Augmented Reality(拡張現実)、VR:Virtual Reality(バーチャルリアリティ)の略。


AR/VR撮影が低コストで始められる



3.高画質映像が、途切れにくく遅延が少ない


通信環境が不安定な場所でも、高画質かつ低遅延な映像配信を実現。また、配信における安定性、セキュリティ性にも優れているので、どんな撮影でも安心です。




高画質な映像をスムーズに再生可能

高画質映像をIP伝送できる、High Bandwidth NDI®※1,2とNDI®|HX version 2※3を標準搭載。High Bandwidth NDI®は、高画質な映像を低遅延でIP伝送すること、NDI®|HX version 2は、限られた帯域幅でも効率良く映像伝送できるのが特徴です。また、映像ソースを同一ネットワーク上のあらゆる機器から利用可能なので、IPアドレスが不明でも自動認識します。そのため、撮影現場において、柔軟な制作フローが可能になります。

 

NDIとは?


High Bandwidth NDI®とNDI®|HX version 2の違い

NDIロゴ

High Bandwidth
NDI®
NDI®|HX version 2
圧縮方式 NewTek独自方式
(低圧縮)
H.264ベース
(高圧縮)
ビットレート FHD 60p 125 Mbps 4~24 Mbps
ネットワーク設備
(ケーブル、ルーター、etc.)
一般的なギガビットイーサネット環境
標準的な1Gbpsイーサネットケーブル

出典:https://www.ndi.tv/about-ndi/

※1:NDI®とは、NewTek, Inc. によって開発されたIP利用における新しいライブ映像制作ワークフロー支援プロトコルです。
※2:NDI®はNewTek, Inc. の米国における登録商標です。
※3:ここでのNDI®|HXはHigh efficiency low bandwidth NDI®|HXを意味します。AW-UE80は、NDI®|HX version 2、フルHD出力に対応しています。NDI®|HXモード時では4K映像出力ができません。




セキュリティの優れた安定的な配信で、通信トラブルのリスクを軽減

不安定なネットワーク環境に強く、強固なセキュリティを備えた次世代映像伝送プロトコル、SRT対応。番組制作やイベントで配信が途切れるなどのトラブルを防ぎ、安定した配信を実現します。また、情報漏洩などのリスクも防ぐことができるので、どんな内容の発信にでも安心してお使いいただけます。

※Secure Reliable Transportの略。

SRT Allianceのロゴの画像

<SRTのポイント>

  • セキュリティ:映像データを暗号化し伝送することで、高いセキュリティを確保。
  • 安定性:伝送中に失われたパケットを自動検知して再送する「パケットロスリカバリ機能」により、乱れのない安定した映像伝送を実現。
  • 公衆回線対応:柔軟で適応性の高いバッファ管理システムにより、ビットレートが不安定なネットワーク環境でも安定した映像伝送が可能。公衆回線を利用した長距離映像伝送に対応。

出典:https://www.haivision.com/products/srt-secure-reliable-transport/features/





ソリューション


イベント・プロダクション(イベント・レンタル)

イベント・プロダクション

複数カメラが必要なライブイベントに、簡単撮影を実現。リアルタイム映像をダイレクトにインターネット配信

ホール(イベント・レンタル)

ホール(イベント・レンタル)

高倍率ズームと広角撮影で、広い会場でも狙った被写体を鮮明に捉える

ソリューションXRライブ

XRライブ

FreeD対応のリモートカメラを中心としたシンプルなシステムで、高品位なXRライブを実現

講義・講演(教育)

講義・講演(教育)

カメラ制御と資料の共有で分かりやすい講義・講演映像を制作。講義・講演の配信映像を収録して再配信に活用

自治体(議場・ホール)(官公庁・自治体・企業)

自治体(議場・ホール)(官公庁・自治体・企業)

豊富なカメラプリセットを活用して発言者をスピーディーに撮影

バーチャルスタジオ(放送・プロダクション)

バーチャルスタジオ

映像内に情報を加えることで、価値を高められることから、CGとの合成を求められるシーンが増えてきています

サポート

ダウンロードの画像

ダウンロード

カタログ、取扱説明書、仕様書、ソフトウェアなどのダウンロードはこちら。​

サポート・ポータルの画像

サポート・ポータル

お問い合わせ先、対応機器などのサポート情報はこちら。


主な仕様

AW-UE80W/AW-UE80K
カメラ部
撮像素子

1/2.5型 4K MOS × 1

ズーム倍率

・光学ズーム:24倍 
・i.Zoom:UHD:28倍、FHD:36倍
・デジタルエクステンダーズーム:1.4倍、2倍

レンズ

電動24倍光学ズーム F1.8~F4.0
(f=4.12 mm~98.9 mm,35 mm換算:25.0 mm~600.0 mm)

画角範囲

水平画角:74.1°(Wide端)- 3.3°(Tele端)
垂直画角:46.0°(Wide端)- 1.9°(Tele端)
対角画角:81.8°(Wide端)- 3.8°(Tele端)

最低照度

3 lx(条件:F1.8, 59.94p, 50IRE, +42 dB, 蓄積無し)

放送・業務用映像システム 購入前お問い合わせ

デモ・見積りなどのご相談は、下記よりお問い合わせください。

放送・業務用映像システム サポートセンター

製品の設置、設定、操作などのご相談は、下記よりお問い合わせください。