UHS500 TOP画像
UHS500 TOP画像
ライブスイッチャー AV-UHS500

ライブスイッチャー

本体希望小売価格 2,600,000 円(税抜)

AV-UHS500

AV-UHS500

  • AV-UHS500

主な機能

  • 12G-SDI/3G-SDI/HDMIの多彩なインターフェイスに対応

  • 2基の機能拡張オプションスロットを装備。最大入出力数(オプションボード増設時):入力 最大16系統/出力 最大15系統

  • UC/DC機能、HDR/SDR変換機能、スケーラー、カラーコレクション機能

  • ROI機能、音声ソース選択機能、リモートカメラコントロール機能搭載

  • 5つのキーヤーを装備し、豊富な映像効果を実現

コンパクトな一体型ボディでありながらハイエンドモデルに迫る基本機能を備え、HD制作時と同等の運用性を4K映像制作で実現します。放送局はもちろん、中継車や特設会場でのイベントに、また大学や企業の講演会などに。様々なライブプロダクションにおける使いやすさを追求したライブスイッチャーが、その現場の生きた映像制作に高いパフォーマンスを発揮します。

ファームウェアダウンロードはこちら

AV-UHS500

テクノロジー

4K HDR/ITU-R BT.2020

4K HDR/ITU-R BT.2020

12G-SDI icon

12G-SDI対応

最大16入力

最大16入力

最大15出力

最大15出力

5キーヤー

5キーヤー

DSK/2キーヤー

DSK/2キーヤー

PinP/最大2系統

PinP/最大2系統

MV 2系統

MV 2系統

AUX 4系統

AUX 4系統

ROI機能

ROI機能

HDMI

HDMI

強み・特長


納入事例|コンパクトライブ撮影システム:東京03単独公演「ヤな塩梅」

納入事例|コンパクトライブ撮影システム:東京03単独公演「ヤな塩梅」

1:概要

ライブスイッチャー AV-UHS500概要

2:PTZコントロール

ライブスイッチャー AV-UHS500PTZコントロール

3:入出力仕様と拡張性

ライブスイッチャー AV-UHS500入出力仕様と拡張性

4:作業の自動化

ライブスイッチャー AV-UHS500作業の自動化




  • 12G-SDI/3G-SDI/HDMIの多彩なインターフェイスに対応
  • UHD/HDマルチフォーマット対応
  • 2基の機能拡張オプションスロットを装備
  • 標準入出力数:入力8系統/出力7系統
    最大入出力数(オプションボード増設時):入力最大16系統/出力最大15系統
  • 5つのキーヤーを装備し、豊富な映像効果を実現
  • アップ/ダウンコンバート機能、HDR/SDR変換機能、ITU-R BT.2020/BT.709変換機能、
    スケーラー機能、カラーコレクション機能を搭載
  • AUX BUSを4系統装備
    AUX1、2にはMIXトランジション機能を装備し、さらにDSK1、2をアサイン可能
  • 当社製4K/HDインテグレーテッドカメラのカメラコントロールが可能
  • アニメーションワイプ
    ビデオメモリーとトランジションを組み合わせてアニメーションワイプが可能
  • TSL5.0サポート
    ネットワークに接続した外部機器との間で、タリー情報、バスの切り替えや素材名情報を送信可能
  • ROI(Region of Interest)機能
    1つの入力素材から4つのクロップ(切り出し)信号(ROI素材)を作成し、入力素材として使用可能
  • 音声ソース選択機能
    バスで選択された入力信号のエンベデッドオーディオに加え、特定のバスの入力信号のエンベデッドオーディオのみを別の映像信号に多重して出力するモードを搭載



4K/HDが混在する運用にも柔軟に対応


12G-SDI/3G-SDI/HDMI対応

4K映像を同軸ケーブル1本で伝送可能な12G-SDIに標準対応。4K映像制作に高い運用性をもたらします。またHDMIにも対応し、セミナーや講演会などのライブプロダクションでPCからのデータを直接入力できるため、別途HDMI変換器を用意する必要もありません。

12G-SDI/3G-SDI/HDMI対応の画像



UHD/HDマルチフォーマットに対応

2160/59.94pや1080/59.94pなど、4K/3G/HDのマルチフォーマットに対応。


UHD/HD機能比較表

 
AV-UHS500
4K(UHD)モード 2K(HD)モード
DVE オプション(AV-UHS5M5G) 標準
CLIP 1ch 2ch
STILL 1ch 2ch

入力信号対応表

 
 
システムフォーマット
4K 2K
入力信号 2160/59.94p 2160/50p 2160/29.97p 2160/25p 2160/24p 2160/23.98p 1080/59.94p 1080/50p 1080/29.97p
1080/29.97PsF
1080/25p
1080/25PsF
1080/24p
1080/24PsF
1080/23.98p
1080/23.98PsF
1080/59.94i 1080/50i 720/59.94p 720/50p
SDI 解像度 V周波数
2160p 59.94Hz
50.00Hz
29.97Hz
25.00Hz
24.00Hz
23.98Hz
1080p 59.94Hz※2
50.00Hz※2
29.97Hz
25.00Hz
24.00Hz
23.98Hz
1080PsF 29.97Hz ※1 ※1 ※1 ※1
25.00Hz ※1 ※1 ※1 ※1
24.00Hz
23.98Hz
1080i 59.94Hz ※1 ※1 ※1 ※1
50.00Hz ※1 ※1 ※1 ※1
720p 59.94Hz
50.00Hz
HDMI 2160p 59.94Hz
50.00Hz
29.97Hz
25.00Hz
24.00Hz
23.98Hz
1080p 59.94Hz
50.00Hz
29.97Hz
25.00Hz
24.00Hz
23.98Hz
1080i 59.94Hz ※1 ※1 ※1 ※1 ※1
50.00Hz ※1 ※1 ※1 ※1 ※1
720p 59.94Hz
50.00Hz
3840 x 2160
(4K)
60.00Hz
2560 x 1440
(WQHD)
60.00Hz
1920 x 1200
(WUXGA)
60.00Hz 
1600 x 1200
(UXGA)
60.00Hz
1680 x 1050
(WSXGA+)
60.00Hz 
1280 x 1024
(SXGA)
60.00Hz
1280 x 768
(WXGA)
60.00Hz
1024 x 768
(XGA)
60.00Hz 

●:フォーマット変換なし ○:フォーマット変換あり △:ROIモード時のみ有効
※1:ROIモードには対応しておりません。
※2:ROIモードは、3G-SDI Level-B入力信号には対応しておりません。

PDF Download




全入力にフレームシンクロナイザーを搭載

すべての入力チャンネルにフレームシンクロナイザーを内蔵。ゲンロック機能も備え、外部同期信号(B.B.またはTri-level)を基準にした同期システムにも対応可能です。




SDI標準8入力、HDMI標準2入力※1
SDI標準5出力、HDMI標準2出力

4KでもHD運用時と同等の入出力数を確保し、2基設けられたオプションユニットスロットを使用すれば用途に応じて拡張することができます。


                 
入力数 12G/3G-SDI 標準8入力/最大16入力※2
HDMI 標準2入力※1/最大8入力※2
出力数 12G/3G-SDI 標準5出力/最大13出力※2
HDMI 標準2出力※3/最大8出力※2

※1:使用するHDMI入力のチャンネル分だけSDI入力が削減されます。
HDMI入力はCPRM非対応(入力不可)となります。
※2:オプションユニット装着時。詳しくは、端子部/オプションユニットをご覧ください。
※3:HDMI出力フォーマットはビデオのみ、システムフォーマットと同一です。




アップ/ダウンコンバートなど、各種変換機能を標準搭載

各種変換機能を標準搭載。外付けの変換ボックスが不要です。

  • アップコンバート/ダウンコンバート機能
  • HDR/SDR変換機能
  • ITU-R BT.2020/BT.709変換機能
  • スケーラー機能
  • カラーコレクション機能



映像入出力対応表

標準入力


機能 SDI 入力 HDMI 入力
1※1 2※1 3 4 5 6 7 8 1※1 2※1
4K アップコンバーター ※2 ※2 ※2 ※2
HD ダウンコンバーター ※2 ※2 ※2 ※2
フレームシンクロナイザー
スケーラー
BT.709 ←→ BT.2020
HDR ←→ SDR 変換
カラーコレクション

※1:SDI入力1、2とHDMI入力1、2は排他機能のため、同時使用はできません。メニューにてご選択ください。
※2:SDI 入力1-4は簡易変換のみ対応。


オプション入力


機能 SDI 入力ユニット
AV-UHS5M1G増設時
HDMI 入力ユニット
AV-UHS5M3G増設時
1 2 3 4 1 2 3
4K アップコンバーター
HD ダウンコンバーター
フレームシンクロナイザー
スケーラー
BT.709 ←→ BT.2020
HDR ←→ SDR 変換
カラーコレクション

標準出力


機能 SDI出力 HDMI出力
1 2 3 4 5 1 2
4K 簡易ダウンコンバーター
スケーラー
BT.709 ←→ BT.2020
HDR ←→ SDR変換

オプション出力


機能 SDI 出力ユニット
AV-UHS5M2G増設時
HDMI 出力ユニット
AV-UHS5M4G増設時
1 2 3 4 1 2 3
4K ダウンコンバーター
スケーラー
BT.709 ←→ BT.2020
HDR ←→ SDR変換



多彩な映像演出を可能にする充実のキーヤーとメモリー機能


多彩なトランジションとエフェクト

標準のワイプ、ミックス、カットに加えてHDモード時には縮小、スライド、スクイーズ、3Dワイプなど2chを用いた多彩なDVEトランジションパターンを搭載。さらに、4K DVE ユニットAV-UHS5M5Gを増設することで、4Kモード時でもDVEトランジションを使用することが可能です。


丸ワイプ

丸ワイプ

ページターン

ページターン

ワイプ・スクイーズ・スライド・3Dワイプメニュー(HDモード時)

ワイプ・スクイーズ・スライド・3Dワイプメニュー(HDモード時)



5つのキーヤーを装備

ルミナンスキー、リニアキー、クロマキー、フルキー、PinPを使用可能なキーヤーを3ch、ダウンストリームキー(DSK)を2ch搭載。クロマキーには多くのノンリニア編集機のプラグインソフトウェアとして定評あるPrimatte®アルゴリズムを搭載。世界中の映画、テレビプロダクション、ミュージックビデオ、コマーシャルフィルムで使用されるPrimatte®の高品位な画質をライブスイッチャーのリアルタイム処理で実現します。

※Primatte®は、株式会社フォトロンの登録商標です。Primatte®の著作権は、株式会社フォトロンが保有しています。Primatte®の特許は、株式会社フォトロンが保有しています。


4Kモード(標準)


ルミナンスキー
リニアキー
フルキー マスク エッジ クロマキー PinP DVE
Key1
Key2
Key3
DSK1
DSK2

HDモード/4Kモード(4K DVEユニット AV-UHS5M5G増設時)


ルミナンスキー
リニアキー
フルキー マスク エッジ クロマキー PinP DVE
Key1
Key2
Key3
DSK1
DSK2



AUXバスを4系統装備、DSK1、2 のアサインも可能

PinPバスは2系統、AUXバスは4系統を装備。PinPにはボーダーやソフト効果を付加できます。バストランジション機能(PinPバス、AUXバスでの切替効果)はカットだけでなくMIXトランジション(AUXバスは1、2 のみ)も可能。M/E列との組合せにより、様々なシーンでの多彩な運用をサポートします。また、AUX1、2にはDSK1、2をアサインすることができます。


3つの独立した出力をコントロール可能



ビデオメモリーを搭載

静止画(STILL)または動画(CLIP)をHD時2系統/4K時1系統保存でき、バス素材として選択できます。動画はキー信号付きで録画・再生が可能です(1080/59.94i時、3600フレーム/約120秒)。また、内蔵ストレージ(内蔵不揮発性SSDメモリ一)に静止画や動画を50個ずつ保存可能(CLIPは50個または20GBまで)。静止画はPlay Listに登録して順番に再生することができます。




ライブ演出をスムーズにする各種メモリー機能

  • ショットメモリー

    バックグラウンドのトランジションパターンやPinPのサイズ、ボーダーの幅など映像効果を100個まで登録し、呼び出して実行できます。エフェクトディゾルブを設定すれば、現在の映像からショットメモリーに登録されている映像や動作への切り替えをスムーズに変化させることができます。

  • イベントメモリー

    最大64イベントまでの連続した映像効果をタイムラインに登録・再生できるイベントメモリー機能を搭載。表現力のある連続した効果を簡単に実行することができます。イベントメモリーは100個まで登録可能です。

  • マクロメモリー

    コントロールパネルの一連の操作を記録して再生できるマクロメモリー機能を搭載。入出力、キーヤーなどの設定情報も合わせて登録・再生することができ、複雑な操作を伴う映像効果を簡単に実行することができます。マクロメモリーの再生はマクロバスのクロスポイントボタンにアサインして実行します。




SDHC/SDXCメモリーカードスロットを装備

SDHC/SDXCメモリーカードを使用して、ビデオメモリー、ショットメモリーデータ、イベントメモリーデータ、セットアップデータを保存できます。

SDHC / SDXCメモリーカードスロットを装備の画像



リモートカメラコントロール機能

AV-UHS500より当社製4K/HDインテグレーテッドカメラを制御するリモートカメラコントローラー機能を搭載。

※対応4K/HDインテグレーテッドカメラは、関連機器/動作確認済他社製品をご覧ください。


リモートカメラコントロール機能


リモートカメラ制御

  • 制御カメラ数:標準8カメラ/最大16カメラ(入力オプションユニット装着時)
  • カメラ制御:パン/チルト/ズーム/フォーカス/アイリス/プリセットストア/リコール/スコープ/プリセットスピード/AWB モード/AWB 実行/ペイント/OSDメニュー 
  • カメラコントローラーとのリンク機能: AW-RP150GJ、AW-RP60GJのカメラ選択に応じて、AV-UHS500のバスを自動的に切り替え可能。外部カメラコントローラーの素材モニター切り替えに便利。


4K/HDインテグレーテッドカメラ コントロールメニュー画面
4K/HD インテグレーテッドカメラ コントロール確認画面
4K/HDインテグレーテッドカメラ プリセット選択画面の画像



2系統のマルチビューアー機能を搭載

1画面に最大16分割の表示(全部で10パターン)が可能な、独立した2系統のマルチビューアー出力機能を標準搭載。

  • マルチビューレイアウトは、4分割、5分割(2種)、6分割(2種)、9分割、10分割(2種)、12分割、16分割の合計10パターンから選択可能。
  • 素材名、タリー、オーディオレベルメーター、時計、セーフティマーカーを表示可能。
  • オーディオレベルメーターは、IN(素材側)だけでなく、PGMやPVW画面にも表示可能。
  • 分割枠と表示映像の大きさが同じフィットモードや、映像の外側に素材名やレベルメーターなどを表示するスクイーズモードを選択可能。

※720p時は動作しません。
 

12分割画面構成


4K/HDインテグレーテッドカメラ プリセット選択画面

フィットモード

フィットモード

スクイーズモード

スクイーズモード

分割画面構成例


分割画面構成例



ROI(Region of Interest)機能を搭載

●信号によっては、ROI機能が動作しないものがあります。詳しくは入力信号対応表を参照ください。

1つの入力素材から最大4つのクロップ(切り出し)信号(ROI素材)を作成し、入力素材として使用可能なROI機能を搭載しています。ROI機能は、標準搭載SDI入力端子5~8および、オプションスロットに装着したSDI/HDMI入力ユニットから使用することができます。


<主な特長>

  • 最大12個※1のROI素材(1つの入力映像から最大4つのROI素材)を使用可能。
  • パン・チルト・ズーム操作と同様、素材ごとに位置やサイズを調整して記憶(1つのROIにつき最大10個の記憶)することが可能。
  • パン・チルト・ズーム操作と同様、記憶した位置間のスムーズな移動が可能。
  • ズーム倍率は10%(10倍)~100%(1倍)。

※1:オプションスロットA/BにSDIまたはHDMI入力ユニットを装着した場合。
※画像内の白い枠は切り出し画面のイメージです。実際の画面に枠は表示されません。

ROI(Region of Interest)機能を搭載

ROI(Region of Interest)機能を搭載の画像2



GUIメニュー画面例


マトリクス型のメニュー表示
子画面に映像を表示の画像
映像モニターにメニュー1 行を表示の画像
クロスポイントのアサインの画像
WFM 表示の画像
VECTOR 表示の画像



音声ソース選択機能を搭載

バスで選択された入力信号のエンベデッドオーディオに加え、特定のバスの入力信号のエンベデッドオーディオのみを別の映像信号に多重して出力するモードを搭載。AUX1から4、PGM、PVW、CLN、MVそれぞれを個別に選択可能です。

 

<選択可能な音声素材>

IN1、IN2、SDI IN3-8、IN-A1-A4、IN-B1-B4

※AncillaryをONにしないと音声は多重されません。

音声ソース選択機能を搭載

システム構成例

システム構成例の画像

ブロック図

ブロック図の画像

※1:4Kモード時 Still/Clipは1のみ。
※2:AV-UHS5M3G実装時はA1~A3、B1~B3。
※3:AV-UHS5M4G実装時はA1~A3、B1~B3。

コントロールパネル

視認性の高い7型LCD モニターと 使いやすさを追求したコントロールパネル


コントロールパネルの画像

端子部とオプションユニット

運用形態に応じて機能拡張が可能な5種類のオプションユニット

本体背面端子部


本体背面端子部

オプションユニット


AV-UHS5M1Gの画像
AV-UHS5M2Gの画像
AV-UHS5M3Gの画像
AV-UHS5M4Gの画像
AV-UHS5M5Gの画像
AV-UHS5M6Gの画像



ソリューション


ホール(イベント・レンタル)

ホール(イベント・レンタル)

高倍率ズームと広角撮影で、広い会場でも狙った被写体を鮮明に捉える

スタジオ撮影(放送・プロダクション)

スタジオ撮影(放送・プロダクション)

スタジオカメラとリモートカメラを組み合わせて少ない人数で多彩な映像演出を実現

スタジアム(スポーツ)

スタジアム(スポーツ)

スタジアムでの競技撮影に、12G-SDIシステムで高い運用性を確保

サポート

ダウンロードの画像

ダウンロード

カタログ、取扱説明書、仕様書、ソフトウェアなどのダウンロードはこちら。​

サポート・ポータルの画像

サポート・ポータル

お問い合わせ先、対応機器などのサポート情報はこちら。

よくあるご質問(FAQ)の画像

よくあるご質問(FAQ)

主な仕様

AV-UHS500
ライブスイッチャー
映像系端子SDI IN 1~SDI IN 8端子

8系統(オプションユニット使用時+最大8系統)
・コネクター:BNC × 8
・色空間変換機能を搭載しています。
・フレームシンクロナイザーを搭載しています。
・〈SDI IN 1〉~〈SDI IN 4〉端子は、簡易フォーマットコンバーター、〈SDI IN 5〉~〈SDI IN 8〉は高性能フォーマットコンバーターを搭載しています。
・〈SDI IN 5〉~〈SDI IN 8〉端子は、カラーコレクターを搭載しています。
※SDI IN 1/2 はHDMI IN 1/2 と排他です。
[12G-SDI] 12G-SDI、SMPTE ST 2082-10準拠
[3G-SDI] 3G-SDI、SMPTE292準拠 ※Level-A/Level-B に対応
[HD-SDI] HD-SDI、SMPTE292M準拠

SDI OUT 1~SDI OUT 5端子

5系統(オプションユニット使用時+最大8系統)
・コネクター: BNC × 5
・1080p へのダウンコンバーター、色空間変換機能を搭載しています。
・PGM、PVW、CLN、ME PGM、MV1~ MV2、AUX1~AUX4、Key Outを割り当てできます。
[12G-SDI] 12G-SDI、SMPTE ST 2082-10準拠
[3G-SDI] 3G-SDI、SMPTE292準拠 ※Level-A に対応
[HD-SDI] HD-SDI、SMPTE292M準拠

信号フォーマット
2160/59.94p、50p、29.97p、25p、24p、23.98p
1080/59.94p、50p、29.97p、29.97PsF、25p、25PsF、24p、24PsF、23.98p、23.98PsF、59.94i、50i
720/59.94p、50p
放送・業務用映像システム 購入前お問い合わせ

デモ・見積りなどのご相談は、下記よりお問い合わせください。

放送・業務用映像システム サポートセンター

製品の設置、設定、操作などのご相談は、下記よりお問い合わせください。