AK-HC5000トップ画像
AK-HC5000トップ画像
システムカメラ AK-HC5000/HC5000S

HDスタジオカメラ

AK-HC5000 [多治見コネクターモデル]
AK-HC5000S [LEMOコネクターモデル]
本体希望小売価格 6,500,000円(税抜)

AK-HC5000シリーズ本体画像

AK-HC5000/HC5000S

  • AK-HC5000 / AK-HC5000S

主な機能

  • 2/3型3MOSセンサー搭載。F11の高感度とS/N 62 dBの低ノイズを実現

  • 自動色収差補正機能(CAC)、スキュー低減機能、DRS(ダイナミックレンジストレッチャー)機能搭載

  • HDR(ハイダイナミックレンジ)対応

  • 2/3型バヨネット式、B4マウントレンズ採用

  • HDモードで1080p 4倍速のハイスピード撮影が可能

お問い合わせ 販売店一覧

パナソニックが制作現場で培った高い映像技術で、優れた利便性と機動性を実現します。
1080p 4倍速撮影を標準搭載し、スポーツやイベントなど躍動感あふれる瞬間を鮮明に描写します。

※カメラコントロールユニット(CCU)AK-UCU500/UCU500S接続時。

 

ファームウェアダウンロードはこちら

AK-HC5000/HC5000S

お問い合わせ 販売店一覧

テクノロジー

220万画素 3MOSセンサー

220万画素 3MOSセンサー

2/3型バヨネット式

2/3型バヨネット式

ND/CCフィルター

ND/CCフィルター

HDハイスピードモード4倍速

HDハイスピードモード4倍速

非圧縮長距離伝送2 km

非圧縮長距離伝送2 km

DC OUT 1A/2.5A

DC OUT 1A/2.5A

INTERCOM XLR ×2端子

INTERCOM XLR ×2

ビルドアップユニット(オプション)

ビルドアップユニット(オプション)

HDR

HDR

TRUNK(HD/LAN/DATA)

TRUNK(HD/LAN/DATA)

強み・特長

AK-HC5000/HC5000S HDスタジオカメラシステム


AK-HC5000/HC5000S HDスタジオカメラシステムの画像


※在庫限定品




1080p 4倍速撮影機能を標準搭載

AK-HC5000/HC5000Sカメラシステムは、映像コンテンツ制作に豊かな表現力を与えるハイスピード撮影機能を搭載しています。

※1/4スロー効果を得るためには、別途1080/239.76p、200pを記録する機材が必要です。

1080p 4 倍速撮影機能を標準搭載



新開発2/3型MOSセンサーを搭載

新開発2/3型MOSセンサーにより、高画質な映像制作を実現しました。カメラシステムの出力は、以下のフォーマットをサポートします。

対応フォーマット一覧

HD (3G-SDI) 1080/59.94p、50p、59.94i、50i、23.98p over 59.94i、29.97PsF、25PsF、23.98PsF、720/59.94p、50p
ハイスピード
(3G-SDI×4)
1080/239.76p、200p、239.76i、200i
SD 480/59.94i、576/50i

※カメラコントロールユニット(CCU)AK-UCU500/UCU500Sから出力。




高品位な映像と操作性を両立

カメラコントロールユニット(CCU)AK-UCU500/UCU500Sにより、HD映像信号を光ファイバーで、非圧縮長距離伝送が可能。リモートオペレーションパネル(ROP)AK-HRP1000※1は、優れた視認性を確保したカラー液晶ディスプレーを搭載。これらの組み合わせで、高品位映像と高い操作性を実現します。カメラとCCUの間は、CCUから電源供給した場合、約2 kmの長距離伝送ができます。また、カメラに外部電源を供給し、汎用の光伝送装置を使用して、最長10 kmまでの延長が可能※2。CCUとROP間の制御は、専用シリアル線の他、LANケーブルを介したIP接続にも対応します。

※1:在庫限定品
※2:ファイバーを複数個所で接続して、伝送距離を延長する場合、信号の減衰により距離が短くなります。また、状況によりリピーターを使用することをお勧めします。




高感度・低ノイズを実現

2/3型3MOSセンサーを搭載し、2つの撮影モードが選択できます。ハイセンスモードでF11の高感度、SN比60 dB以上の低ノイズを実現します。




高速スキャンによるスキュー低減

パナソニックのENGカメラで蓄積したノウハウを惜しみなく投入し、MOSセンサーの信号を高速で読み出すことにより、MOSセンサー特有のスキュー歪みを低減します。


スキュー低減イメージ
スキュー低減イメージ



CAC(色収差補正)機能

CAC(Chromatic Aberration Compensation)機能は、レンズ自体で補正しきれないわずかな色収差などが主な原因で発生するレジストレーションエラーをカメラ側で自動的に補正し周辺画像の色にじみを最小限に抑えます。CAC対応レンズとの組み合わせにより機能します。

※色収差補正機能(CAC)ファイル対応ソフトウェアについては「ソフトウェアダウンロード」をご覧ください。


CAC(色収差補正)機能の画像1
CAC(色収差補正)機能の画像2



DRS(ダイナミック・レンジ・ストレッチャー)機能

黒つぶれ・白とびを自動的に抑えるDRS機能を搭載。室内から屋外をのぞむような、同一画面内に明暗の混在するシーンにおいて、暗部・明部・中間調のそれぞれで高い階調表現が保持でき、黒つぶれ・白とび・色とびが最小限に抑えられます。その結果視覚的に広いダイナミックレンジの映像をリアルタイムで得ることができます。

DRS(ダイナミック・レンジ・ストレッチャー)の効果イメージ



セレクタブルガンマの採用

デジタルシネマ制作をサポートするシネガンマ機能(V-REC、F-REC)に加えて、FILMLIKE 1〜3モードを選択できます。フィルム質感に近い自然な階調表現と豊かな色再現が可能です。
 




HDR(ハイダイナミックレンジ)対応

ハイライト部の白とび、シャドウ部の黒つぶれによって再現が難しかった映像の、明暗差・色調・陰影まで描写する階調性が得られ、よりリアリティ豊かな表現が可能。HDR/SDRが混在した制作環境にも対応するサイマルシステム構築も可能です。

HDRロゴ画像



ショックレスゲイン

ゲインを変更した際に映像の変化をなめらかに移行することができます。また、0.1 dBステップのマスターゲイン可変機能により、撮影シーンに合わせたきめ細かな調整が可能です。




多彩なカラーコレクター機能

EBUおよびNTSCのプリセットカラーマトリクスに加えて12軸色補正、リニアマトリクスで彩度・色相を個別に微調整が可能です。さらに、独立した肌色調整機能(SKIN CORRECTION)により、繊細な色表現を可能にしています。




スキントーンディテール補正

肌のシワやくすみを抑え、自然な質感で美しく撮影できます。補正可能な色相は360°で肌色以外の色も、それぞれ個別に3系統の補正が可能です。任意の色を選択し、ダイレクトに調整できる機能も搭載しています。

スキントーンディテール補正の効果イメージ



サーボコントロールND/CCフィルター

さまざまな撮影環境に対応できるフィルターを内蔵しています。
【NDフィルター】CAP、Through、1/4、1/16、1/64
【CCフィルター】Cross、3200 K、4300 K、6300 K、Diffusion




フォーカスアシスト機能

合焦レベルを示すフォーカス・バー、合焦部分を色で示すフォーカス・イン・レッド、中央部を拡大表示するMAG、画面全体の合焦状態を表示するスクエア等のアシスト機能で、正確かつ素早いピント合わせをサポートします。オートフォーカス対応レンズ、フォーカスアシスト対応レンズにも対応しています

※対応レンズは各メーカーにお問い合わせください。


フォーカスアシスト機能例 フォーカス・イン・レッド
フォーカスアシスト機能例 MAG
フォーカスアシスト機能例 フォーカススクエア 人形にフォーカスが合っているとき
フォーカス



カメラ単体出力フォーマット

カメラヘッドからの出力(HD SDI 1/HD SDI 2)は1080p、1080i、720pの選択が可能です。




充実した映像、データ伝送(TRUNK)機能

映像、データをカメラ-CCU間で光ケーブルのみで伝送ができるため、運用状況に合わせたシステムアップが可能です。

  • HD SDI(CCU→カメラ)2系統、VBS(CCU→カメラ)2系統:
    プロンプター、Fixed Returnやカメラ側でのモニタリング(スタジオフロアモニタ)等に利用できます。
  • HD SDI(カメラ→CCU) 1系統(FS内蔵):
    スタジオやフィールド等での手持ちカメラやリモートカメラの映像を CCU(システム)側に出力します。カメラ側の映像入力にFSが内蔵されているため、非同期映像信号でも利用できます。
  • LAN(1000BaseT) 1系統:
    外部機器のIP制御や、リモートカメラの制御・ストリーミング映像の伝送が可能です。
  • DATA(RS422A or RS232C)2系統:
    バーチャルシステムで、レンズ、ペデスタル等の位置データ転送に利用できます。

※カメラシステムがHDハイスピードモードのときは利用できません。


 充実した映像、データ伝送(TRUNK)機能



運用性に配慮した細やかな設定・機能

・色温度表示・調整機能(2000 K~15000 Kバリアブル)を搭載。 
・シングルファイバーを使用して最長10 kmの伝送が可能。 
・SDメモリーカードに映像調整などカメラ本体の設定を保存可能。ファームウェアバージョンアップにも対応。 
・フレアやシェーディング値を保存するレンズファイル機能を搭載。 
・IPストリーミングとIP制御をサポート。 
・DC12 V 2.5 Aと1.0 A出力を標準搭載。大型レンズやプロンプター、サブモニター用の電源として利用できます。 
・機能選択が可能なユーザーボタンをカメラヘッドに4つ、ビューファインダーに4つ配置。カメラマンの迅速な撮影をサポートします。

※ファイバーを複数個所で接続して、伝送距離を延長する場合、信号の減衰により距離が短くなります。また、状況によりリピーターを使用することをお勧めします。




インカムを接続可能

独立2系統のインカムラインで、インカム1またはインカム2の切換えスイッチにインカム1、2のミックスモードを追加、運用に合わせた選択が可能です。インカムのフロント/リア切換えスイッチ、フロントボリュームにより、カメラを肩乗せで使用する際もインカム音声レベル調整ができます。

インカム操作部の画像



機動性と操作性がさらに向上した新スラントラインデザイン

使いやすさと性能を両立した機能的なレイアウトを実現。ローボディデザインでカメラ右側の視野を確保、低重心と合わせてカメラマンの疲労軽減に配慮しました。可動範囲24 mmのショルダーパッドにより、レンズ質量で変化する前後バランスを調整し安定した撮影が可能です。

新スラントラインデザイン

背面端子部

スタジオハンディカメラ AK-HC5000/HC5000S背面端子部


スタジオハンディカメラ AK-HC5000/HC5000S 背面端子部

※写真は海外モデルです。国内モデルはMIC1/MIC2端子が3pinオス、INTERCOM1/INTERCOM2端子が4pinになります。




ソリューション


礼拝所(イベント)(イベント・レンタル)

礼拝所(イベント)(イベント・レンタル)

用途の異なる高性能カメラとスイッチャーを組み合わせ、より臨場感のある映像制作を実現

スマートスタジオ(放送・プロダクション)

スマートスタジオ(放送・プロダクション)

IT/IPプラットフォーム“KAIROS”による新しいスマートスタジオ

ライブコンサート(イベント・レンタル)

ライブコンサート(イベント・レンタル)

客席をふさがない小型の8Kカメラ1台で、ステージ全体/アップ4アングルを撮影

サポート

ダウンロードの画像

ダウンロード

カタログ、取扱説明書、仕様書、ソフトウェアなどのダウンロードはこちら。​

サポート・ポータルの画像

サポート・ポータル

お問い合わせ先、対応機器などのサポート情報はこちら。

主な仕様

AK-HC5000 / AK-HC5000S
カメラ部
撮像素子
2/3 型、220 万画素、MOS × 3
光学フィルター

CC: Cross、3200 K、4300 K、6300 K、Diffusion
ND: CAP、素通し、1/4、1/16、1/64

レンズマウント

2/3 型バヨネット式

感度
2 撮影モード
[HIGH SENS]: F11(59.94 Hz)/ F12(50 Hz)
[NORMAL]: F8(59.94 Hz)/ F9(50 Hz)
2000 lx、3200 K
白反射率 89.9%時
S/N
60 dB 以上
放送・業務用映像システム 購入前お問い合わせ

デモ・見積りなどのご相談は、下記よりお問い合わせください。

放送・業務用映像システム サポートセンター

製品の設置、設定、操作などのご相談は、下記よりお問い合わせください。