PT-RQ35K シリーズ
PT-RQ35K シリーズ
プロジェクター PT-RQ35K シリーズ

3チップDLP®レーザープロジェクター

多彩な演出力と運用性で現場ワークフローを革新

PT-RQ35K シリーズ

PT-RQ35K シリーズ

  • PT-RQ35KJ
  • PT-RZ34KJ

主な機能

  • 世界最小最軽量ボディと多彩な機能でワークフローを効率化

  • 最大4K解像度と広色域が可能にする圧倒的な演出力

  • 独自の冷却システムによる安定動作

  • ※ 2020年12月現在。26,000 ~ 35,000 lm クラスの3チップDLP® 4Kプロジェクターにおいて。公称の質量および外形寸法値に基づいています。

お問い合わせ 販売店一覧

30,500 lm※1の明るさ、最大4K解像度、赤色・青色レーザーによる美しい色再現を世界最小最軽量※2ボディに集結。クラスの常識を変える2人可搬を実現し、搬入後は「NFC(近距離無線通信)機能」で電力を待たずに設定にかかれるなど、現場で滞りがちなワークフローを多彩な機能が効率化します。PT-RQ35KJが初搭載となる「グラデーションスムーザー※3」は、コンテンツ上で目立つ階調段差をボタンひとつで緩和。黒レベル補正をポイントベースで行える新機能も搭載し、特殊スクリーンでも自然なエッジブレンディングを可能にします。また、当社の誇る高信頼設計を本機でも実現すべく、フィンレスラジエーターを側面に配置する新しい冷却機構を採用。小型軽量ながら、フィルターレスの20,000時間※4メンテナンスフリー運用を実現しています。
※1 工場出荷時における本製品全体の平均的な値を示しており、JIS X 6911:2015 データプロジェクタの仕様書様式に則って記載しています。測定方法、測定条件については附属書Bに基づいています。
※2 2020年12月現在。26,000 ~ 35,000 lm のレーザープロジェクターにおいて。公称の質量および外形寸法値に基づいています。
※3 PT-RQ35KJのみ対応。
※4 運用モード「ノーマル」、[ダイナミックコントラスト]を[3]に設定、IEC62087:2008 ブロードキャストコンテンツ投写、温度35 °C、海抜700 m、ほこり環境0.15 mg/m3の条件下で、光出力が半減するまでの使用時間です。使用条件や使用環境によって光出力半減時間は異なります。
*オープン価格商品の価格は販売店にお問い合わせください。

PT-RQ35K シリーズ

お問い合わせ 販売店一覧

テクノロジー

DLP TEXAS INSTRUMENTS

DLP方式

SOLID SHINE LASER Icon

SOLID SHINEレーザー

4K PROFESSIONAL Icon

4K信号非圧縮投写対応

QUAD PIXEL DRIVE

クワッドピクセルドライブ

4K DIGITAL LINK

4Kデジタルリンク

ACCEPTS 4K SIGNAL

非圧縮4K信号入力に対応

全方位 Icon

360度全方位設置

24/7 Operation Icon

24時間連続運用

3D PROFESSIONAL

3D投写対応

Geo. Pro Icon

幾何学歪補正・設置調整ソフトウェア

強み・特長

世界最小最軽量*1ボディと多彩な機能でワークフローを効率化

ワークフロー図



2人で持ち運べる小型軽量ボディ

30,500 lm*2を誇る超高輝度プロジェクターでありながら、PT-RQ32KJ(26,000 lm*2)に比べ40 %のサイズダウンとなる世界最小最軽量*1ボディを実現。2人で持ち運べる抜群の可搬性を備え、輸送から搬入、搬出までに要する人員とコストを抑えます。設置面積は20,000 lm*2プロジェクターPT-RQ22KJとほぼ同等で、制約が伴う空間でも優れた対応力を発揮。天井の狭小スペースや、手狭なバックヤードにも設置でき、超高輝度モデルを用いた演出の幅が広がります。

*1 2020年12月現在。26,000 ~ 35,000 lmクラスの3チップDLP®4Kプロジェクターにおいて。公称の質量および外形寸法値に基づいています。
*2 工場出荷時における本製品全体の平均的な値を示しており、JIS X 6911:2015 データプロジェクタの仕様書様式に則って記載しています。測定方法、測定条件については附属書Bに基づいています。




Smart Projector Control 対応

「Smart Projector Control」アプリケーションは、iOS/Android™端末*1からプロジェクターをコントロールできるワイヤレスソリューションです。お持ちのスマートフォンまたはタブレットにアプリをインストールし、プロジェクターと無線LAN(Wi-Fi)接続することで、電源のオン・オフやステータスの確認、入力信号の切り替えなどを端末から行うことができ、OSDメニューが出せない状況での機材設定を容易にします。この他、レンズ調整やテストパターンの切り替えに加え、最長30 m*2離れた位置からの自動フォーカス調整*3にも対応。Wi-Fi接続*4の際は、本体側面の「情報表示画面」に表示されるQRコードを端末のカメラにかざすだけで、SSIDとパスワードを自動読み取り。手動での入力が不要となり、スムーズに接続できます。

Smart Projector Control (Webマニュアル)


Smart Projector Control 対応

*1 iOS/Android™端末に対応(無料)。対応端末やOS については、App Store またはGoogle Play をご覧ください。
*2 300型スクリーンを投写した場合。100型スクリーン投写時は3 mになります。
*3 一部の端末は対応していません。
*4 QRコードを読み取ってWi-Fi接続する場合、別売のワイヤレスモジュールAJ-WM50GTが必要です。




NFC機能 NEW

電源なしでも機材の設定に取りかかれるよう、「Smart Projector Control」アプリに「NFC機能」を内蔵しています。トップ画面で「NFC」ボタンをタップし、端末をプロジェクター本体のNFCタッチポイントにかざすだけで、プロジェクター名、プロジェクターID、IPアドレスなどの自動読み込みが可能に。いくつかの情報はその場で書き換えることができ、再度タッチポイントにかざせば反映完了。本体の初期化も電源なしで行えるため、イベント終了後の機材管理もスムーズです。


Smart Projector Control 対応



「リモートプレビュー機能」を搭載

ステージ上でリハーサルを行っている最中など、投写が不可能な状況でも映像を事前に確認できる「リモートプレビュー機能」を搭載。お持ちのパソコンとプロジェクターをネットワーク接続することで、入力映像をWEB制御画面または「複数台監視制御ソフトウェア」からプレビュー画像として確認できます。「リモートプレビュー機能」を使えば、ソース機器・プロジェクター間の不具合もいち早く検知でき、トラブルへの迅速な対応を可能にします。


リモートプレビュー機能



「幾何学歪補正・設置調整ソフトウェア」のアップグレードキットを適用済み

「幾何学歪補正・設置調整ソフトウェア」のアップグレードキットをプロジェクターに適用済みのため、有償でのアクティベーションが不要に。無料版ソフトウェアをダウンロードするだけで、パソコンを用いた補正範囲の拡大や、市販のカメラによる幾何学ひずみ補正・エッジブレンディング・カラーマッチング・スタッキング・輝度・黒レベルの自動調整が可能になります。球状などの特殊スクリーンに加え、マルチスクリーン調整もスピーディーに行えます。

※ 「幾何学歪補正・設置調整ソフトウェア&アップグレードキット」を利用するには、プロジェクターの登録が必要です。会員制サポートシステム「PASS」に登録いただくと、Windows®用「幾何学歪補正・設置調整ソフトウェア(無料版)」のダウンロードが可能になります。自動スクリーン調整機能は、ニコンD5200/D5300/D5500/D5600/D7500に対応しています。これらのカメラを用いて自動スクリーン調整を行うには、「自動スクリーン調整プラグインソフト」(PASSより無料でダウンロード可能)のインストールが必要です。また、D7500を用いる場合は、幾何学歪補正・設置調整ソフトウェア 6.1.10以降、自動スクリーン調整プラグイン 5.1.10以降のバージョンが必要です。




情報表示画面

筐体の側面に「情報表示画面」を搭載。操作部に組み込まれた画面からプロジェクターIDやネットワークなどの設定ができ、OSDメニューを表示させる手間をなくします。さらに、温度、使用時間、入力信号といった情報や、万一のトラブル発生時はその内容をリアルタイムで表示。エラーの原因をスムーズに解明し、早期復旧をサポートする心強い機能です。


情報表示画面



AC 100 Vコンセントで設営が可能


AC 100 Vの電源に対応しているため、一般的な15 Aコンセントで設置調整が可能。施工上、AC 200 Vのコンセントがすぐには確保できない現場でも、工事の完了を待つことなく、搬入後すぐ設営できます。セットアップ工程を前倒しでき、とくに配線と設営が同時に行われるスケジュールにおいて、準備時間の節約につながります。

※ 100 V で使用すると光出力が約1/3に低下します。

AC 100 V仕様



3チップDLP®プロジェクター共通のオプションレンズ*1に対応


パナソニック製3チップDLP®方式プロジェクター共通のオプションレンズ*1に対応。固定焦点レンズからズームレンズまで幅広く取り揃えており、お持ちのレンズ資産を共用すれば投資の回収も見込めます。91.6 °*2の広画角を誇る魚眼レンズET-D3LEF70は、会場を包み込むような全天周・パノラマ投写を少ない台数において実現し、ドームシアターやプラネタリウムで高い性能を発揮。ゼロオフセットの超短焦点レンズET-D3LEU100(0.370:1 / WUXGA)、短焦点ズームレンズET-D3LEW200(0.645–0.850:1 / WUXGA)も新たに加わり、投写距離が確保できない環境での省スペース設置に貢献します。テーマパークやミュージアム、イベント会場に至るまで、環境ごとに最適なものをお選びいただける豊富なレンズラインアップです。

*1 PT-RQ50KJ専用のオプションレンズを除く。
*2 レンズを最大値までシフトした時の対角。

オプションレンズ



静かな環境に最適な「静音モード」

ミュージアムやシアターなどの空間においては、最大輝度による運用を必要としない代わり、静かな視聴環境が求められる場合があります。PT-RQ35Kシリーズは、ノーマルモードより動作音が3 dB*低い「静音モード」を設けており、使用環境や上映内容に応じて静音運転が可能。ノーマルモード時に比べ、冷却ファンの音を抑えることができ、静かなシーンを投写している時も観客の注意をそらしません。光出力半減時間を26,000時間まで延長することができます。

* 「静音モード」設定時、騒音値 は46 dB、光出力は20,000 lmとなります。

最大4K 解像度と広色域化技術による圧倒的な演出力



「広色域化技術」が可能にする鮮やかで忠実な色再現

赤色レーザーと2波長の青色レーザーによる「広色域化技術」で、色再現領域をPT-RQ32KJに比べ114 %まで拡大。両レーザーからの光出力を最適制御することで、眩しいほどの赤から深みのある青まで、クリエーターの求める色調を忠実に再現します。


広域化技術



階調段差を緩和する「グラデーションスムーザー」NEW (RQ35KJのみ)

階調段差を大幅に低減する当社独自の新技術「グラデーションスムーザー」は、ビット深度が不足する際に起こりうる縞状ノイズを除去することで、なめらかな階調による高品位な映像表現を維持。除去レベルはノイズの度合いに応じて3段階*から選択でき、不要な場合はオフにすることも可能です。元映像の再編集が要らないため、コンテンツ制作の工数削減も見込めます。

* 工場出荷時、グラデーションスムーザーの除去レベルは[2]に設定されています。


グラデーションスムーザー



より柔軟な黒レベル補正を実現 NEW

マルチスクリーンのエッジブレンディング時、黒レベル補正の境界をスクリーンに合わせて変形できる新機能を搭載。直線だけでは補正しきれなかった、カーブスクリーンの境界の歪みもポイント単位で補正でき、暗めのシーンでもつなぎ目を感じさせない、一体感ある演出をサポートします。幾何学ひずみの「フリーグリッド機能」と同じく、制御点は最大17点まで選択が可能。4K解像度で0.5ドット以内に相当する高い精度を実現しています。


黒レベル補正



「クワッドピクセルドライブ」による高精細4K映像 PT-RQ35KJのみ

画素を垂直・水平方向に高速にシフトさせ4倍密化する独自技術「クワッドピクセルドライブ」により、WUXGA(1920 x 1200 ドット / 16:10)の4倍となる4K解像度(3840 x 2400 ドット / 16:10)を実現。240 Hz*駆動の高速フレーム処理技術を2軸画素シフトと連動させることで、4Kコンテンツをなめらかに再現し、文字情報もシャープに表示できます。

* リフレッシュレートは垂直走査周波数によって異なります。


クワッドピクセルドライブ

ハイフレームレートアップグレードキット(ET-SUK10)


パナソニックのハイフレームレートアップグレードキット(ET-SUK10)は、1080/240p入力信号に対応する、プロジェクターの低遅延モードを有効化。240 HzHD信号をケーブル1本で処理し、より滑らかで表現力の高い投写を実現します。画質の滑らかさに加えて、1フレーム当たりの遅延時間を従来モデル(PT-RQ32KJ)の82 ms*1からわずか5 ms*2にまで短縮。より高精度な追従性能で素早い動きにも対応し、細部まで描き出すスムーズな投写を実現。臨場感ある映像体験をリアルタイムで演出します。

*1 1920x1080/240pサイマル入力時。
*2 幾何学歪補正オフ時。幾何学歪補正オン時の遅延時間は、7 ms以下(垂直方向の変形量が25 %以下時の値)です。画面上部16:9領域のみ表示可能。その他制約事項があります。詳しくはPASSをご確認ください。

suk10_jp

独自の冷却システムによる安定動作



赤色レーザーの安定化を実現

赤色レーザーは環境温度の影響を受けやすく、安定した発光を維持するには卓越したテクノロジーが求められます。パナソニックが独自開発した「ダイナミックデジタルコントロール」は、シーンが切り換わる際の微妙な温度変化に応じ、赤色レーザーの発光をフレーム単位で補正。専用の冷却システムと組み合わせることで、青色レーザーとほぼ同等のパフォーマンスを実現しています。これにより、屋外スポーツイベントをはじめとする厳しい温度環境下でも、鮮やかで躍動感のある映像を長期にわたって維持。観客の心に残る感動体験の創出をサポートします。




進化したフィンレスラジエーターと密閉型の光学ブロックを採用

明るい映像を安定して投写し続けるため、当社が高輝度モデルで培ってきた冷却テクノロジーを結集。密閉度の高い光学ブロック、吸気から排気までスムーズに空気が流れる内部循環システムに加え、冷却効率を従来比30 %向上する「フィンレスラジエーター」を採用することで、高輝度化に伴う温度上昇を抑えます。防じん試験はその他のモデルと同様、最も厳しい社内試験をクリア。フィルターレスでの20,000時間*メンテナンスフリー運用も可能にします。


進化したフィンレスラジエーターと密閉型の光学ブロック

* 運用モード「ノーマル」、[ダイナミックコントラスト]を[3]に設定、IEC62087:2008 ブロードキャストコンテンツ投写、温度35 °C、海抜700 m、ほこり環境0.15 mg/m3の条件下で、光出力が半減するまでの使用時間です。使用条件や使用環境によって光出力半減時間は異なります。




運用の信頼性を高める「バックアップ入力」機能

万一、メインの入力信号が中断された場合にも、最速約0.3秒*1でバックアップの入力信号にスイッチ。ほぼシームレスに映像の復元が可能です*2。映像を中断させてはいけない環境での信頼性を高め、安定した運用を実現します。


バックアップ入力

*1 バックアップ入力モードの設定と、ご使用の外部接続機器に依存します。
*2 プライマリー/セカンダリー入力の組み合わせは固定です。プライマリー信号(またはセカンダリー信号)が中断された際に、自動的にセカンダリー信号(またはプライマリー信号)に切り換わります。プライマリーおよびセカンダリー入力信号が同じである場合にのみ、バックアップ入力設定が有効になります。




不測の事態に対処する高信頼レーザープラットフォーム

光源トラブル発生時も安定して投写を続けられるよう、「マルチレーザードライブエンジン」を採用。多数のレーザー素子からなるモジュールを複数個搭載しており、万一いずれかの素子に不具合が生じても、パナソニック独自の冗長設計による保護回路が働くため、ほとんど輝度を落とすことなく投写を継続できます。大規模なイベントなど、映像の中断が許されない場面でも安定したパフォーマンスを実現します。


レーザープラットフォーム

その他の特長



「ダイナミックコントラスト」による高コントラスト20,000:1*

フレームごとのシーン連動モジュレーションをデジタル制御によって行い、20,000:1*の高コントラスト比を実現。明るいシーンと暗いシーンが頻繁に切り換わる際にも、精緻な表現が可能です。電力消費も抑制し、経済的な運用に貢献します。

* 全白/全黒、ダイナミックコントラスト:「3」時。




「コントラスト連動&シャッター連動」機能

従来はそれぞれのプロジェクターの画面ごとに動作していたダイナミックコントラスト制御が、複数のプロジェクターの画面全体に基づいて連動動作。均質なマルチスクリーン投写を実現します。シャッター機能も、複数のプロジェクター(子機)が親機に連動して動作し、一体感のある演出をサポートします。


cotrast_shutter

* フェードイン/アウトのエフェクトも含みます。プロジェクター個々での実行も可能です。




BT.2020の色域の信号とHDRの信号に対応

BT.2020の色域規格に対応するエミュレーションモードを搭載。従来のRec.709規格よりも広い色域信号を表示できます。また、HDR(ハイダイナミックレンジ)信号にも対応。漆黒の闇から眩しいほどの明るさを表現したHDRコンテンツを表示できます。




自動ガンマ・色域選択機能

HDMIおよびDIGITAL LINK端子からの入力時、HDR映像に適したガンマと色域を自動で選択する機能があります。この機能を有効にすることにより、操作に手間取ることなく最高の映像を投写することができます。




90 %の輝度均一性

SOLID SHINEレーザー技術による正確なホワイトバランス制御・調整により、90 %を超える輝度均一性を実現。画面の周辺、中央の明るさがほぼ均一に見えます。




リモコン操作による幾何学ひずみのフリーグリッド機能

従来の幾何学ひずみ補正機能に加え、任意のグリッド数や制御点でリモコン補正が可能な「フリーグリッド(任意補正)機能」を搭載。2 x 2、3 x 3、5 x 5、9 x 9、17 x 17からグリッド数を選び、グリッドパターンとして表示させることで、ひずみのポイント単位での補正や、垂直または水平ラインを指定しての一括補正が可能です。補正データはグリッド数・制御点の変更後も維持されるため、大まかな修正から細かな修正への移行もスムーズ。複雑なスクリーン調整をリモコンだけで行える便利な機能です。


フリーグリッド機能



360度全方位に設置可能


レーザーテクノロジーの採用により、水平・垂直とも360度いずれの角度にもプロジェクターを設置可能。電動のレンズシフトや豊富なオプションレンズとの組み合わせにより、創造的な映像演出を実現します。

360度全方位

便利な機能・特長

・高速スタートアップ&クイックオフ

・安全なレーザーシステム

・マルチスクリーンサポートシステム

・複数台輝度・色コントロール機能

・Art-Net DMX、Crestron Connected™、PJLink™に対応

・DICOMシミュレーションモード

・波形モニター機能

・ダウンタイムを防ぐ電源制御機能

・「データクローニング」機能



区切り線

安心して使用できる3年/20,000時間

安心して使用できる3年/20,000時間(換算使用時間)*を保証

パナソニックのSOLID SHINEレーザー技術により、ご使用中に、万一故障しても、3年もしくは20,000時間*まで保証いたします。

保証期間について…購入後3年もしくは20,000時間保証*となります。ただし、消耗品類(電池など)およびリモコンは保証対象外となります。
(注)本体購入後、同梱されている「お客様情報+保証書」に必要事項の記入を必ずお確かめの上、大切に保管してください。
(注)保証期間内であっても、有償修理となる場合がございます。
* 3年または使用時間20,000時間(換算使用時間)の早い方となります。
換算使用時間 = A × 1.0 + B × 0.8
A:[運用モード]を[ノーマル][静音優先][ユーザー1][ユーザー2][ユーザー3]に設定した状態での光源の使用時間
B:[運用モード]を[ECO]に設定した状態での光源の使用時間

主な仕様

PT-RQ35KJ PT-RZ34KJ
光出力

30,500 lm#/32,000 lm(センター)#

30,500 lm#/32,000 lm(センター)#

解像度

4K(3840 x 2400 ドット)(クワッドピクセルドライブ: オン時)

WUXGA( 1920 x 1200 ドット)

業務用プロジェクターお問い合わせ

業務用プロジェクターに関する、ご購入前の疑問にお答えします。

業務用プロジェクターサポートセンター

業務用プロジェクターの設置、操作などに関するお問い合わせ