PT-RZ16KJ
PT-RZ16KJ
プロジェクター PT-RZ16KJ

3チップDLP®レーザープロジェクター

AC 100 V仕様で柔軟な設置性を実現

PT-RZ16KJ

PT-RZ16KJ

  • PT-RZ16KJ

主な機能

  • 100 V仕様と柔軟な設置性

  • 3チップDLP®が可能にする緻密で鮮やかな映像表現

  • 安定運用を実現する高信頼性

お問い合わせ 販売店一覧

パナソニックが誇る3チップDLP®プロジェクターに、AC 100 V環境でお使いいただける高輝度モデルが登場。施工上、200 V電源の引き込みが困難な空間でも、プロフェッショナルモデルならではの創造的な演出を可能にし、電源工事が不要となることで設置時間の短縮・コスト削減も見込めます。16,000 lm※1の高輝度と3チップDLP®方式による美しい映像投写は、大宴会場やレセプションホールといった「高品位な空間」にふさわしい没入感を創出。筐体はフィルターレスデザインを採用しており、20,000時間※2メンテナンスフリーで運用いただける高い信頼性を継承しています。さらに、プロジェクターをスマートフォンから操作できる「Smart Projector Control※3」アプリをはじめ、ワークフローをトータルに効率化する多彩な機能にも対応。設置調整を容易化し、ストレスフリーな運用を実現します。
※1 工場出荷時における本製品全体の平均的な値を示しており、JIS X 6911:2015 データプロジェクタの仕様書様式に則って記載しています。測定方法、測定条件については附属書 Bに基づいています。
※2 運用モード「ノーマル」、[ダイナミックコントラスト]を[3]に設定、IEC62087:2008 ブロードキャストコンテンツ投写、温度35 °C、海抜700 m、ほこり環境0.15 mg/m3の条件下で、光出力が半減するまでの使用時間です。使用条件や使用環境によって光出力半減時間は異なります。
※3 iOS/Android端末に対応(無料)。対応端末やOS については、App Store またはGoogle Play をご覧ください。アプリケーションに搭載されている一部機能は、本製品ではご利用いただけない場合があります。
*オープン価格商品の価格は販売店にお問い合わせください。

PT-RZ16KJ

お問い合わせ 販売店一覧

テクノロジー

DLP TEXAS INSTRUMENTS

DLP方式

SOLID SHINE LASER Icon

SOLID SHINEレーザー

DIGITAL LINK Icon

デジタルリンク

全方位 Icon

360度全方位設置

24/7 Operation Icon

24時間連続運用

3D PROFESSIONAL

3D投写対応

Geo. Pro Icon

幾何学歪補正・設置調整ソフトウェア

強み・特長

100 V仕様と柔軟な設置性

workflow_title




AC 100 V で最大輝度を投写

3チップDLP®方式の高輝度プロフェッショナルモデルながら、通常のコンセントでご使用いただけるAC 100 V仕様を実現しています。設備上、AC 200 Vの電源が備わっていない施設でも、16,000 lm*の明るさによる高品位な映像投写が可能に。設置に先立つ電源工事が不要となり、プロフェッショナルクラスならではの演出をより手軽に、よりスピーディーに実現します。

* 工場出荷時における本製品全体の平均的な値を示しており、JIS X 6911:2015 データプロジェクタの仕様書様式に則って記載しています。測定方法、測定条件については附属書B に基づいています。




Smart Projector Control 対応

「Smart Projector Control」アプリケーションは、iOS/Android™端末*1からプロジェクターをコントロールできるワイヤレスソリューションです。お持ちのスマートフォンまたはタブレットにアプリをインストールし、プロジェクターと無線LAN(Wi-Fi)接続することで、電源のオン・オフやステータスの確認、入力信号の切り替えなどを端末から行うことができ、OSDメニューが出せない状況での機材設定を容易にします。この他、レンズ調整やテストパターンの切り替えに加え、最長30 m*2離れた位置からの自動フォーカス調整*3にも対応。お持ちのスマートフォンをリモコン感覚でお使いいただけます。

Smart Projector Control (Webマニュアル)


auto_focus

*1 iOS/Android™端末に対応(無料)。対応端末やOS については、App Store またはGoogle Play をご覧ください。アプリケーションに搭載されている一部機能は、本製品ではご利用いただけない場合があります。
*2 300型スクリーンを投写した場合。100型スクリーン投写時は3 mになります。
*3 一部の端末は対応していません。

※ オートフォーカス機能は、ファームウェアのメインバージョンが 2.02以上の場合に設定できます。詳しくはPASSをご確認ください。




幾何学ひずみ補正機能

プロジェクターに内蔵の「幾何学ひずみ補正機能」を使えば、スクリーン上のさまざまな歪みを簡単に補正できます。斜めからの投写に加え、曲面を含む特殊スクリーンの歪みもリモコン一つで補正でき、パソコンなどの外部機器が不要。補正の際にアスペクト比を維持する「アスペクト維持」や、スクリーンの四隅を独立に補正できる「コーナー補正」といった便利機能も搭載しています。補正内容はデータとして保存でき、スクリーン形状に応じて補正をリセットしたり、再度読み込んだりできます。


幾何学ひずみ補正機能



リモコン操作による幾何学ひずみのフリーグリッド機能

従来の幾何学ひずみ補正機能に加え、任意のグリッド数や制御点でリモコン補正が可能な「フリーグリッド(任意補正)機能」を搭載。2 x 2、3 x 3、5 x 5、9 x 9、17 x 17からグリッド数を選び、グリッドパターンとして表示させることで、ひずみのポイント単位での補正や、垂直または水平ラインを指定しての一括補正が可能です。補正データはグリッド数・制御点の変更後も維持されるため、大まかな修正から細かな修正への移行もスムーズ。複雑なスクリーン調整をリモコンだけで行える便利な機能です。


フリーグリッド機能



幾何学歪補正・設置調整ソフトウェア&アップグレードキット

より柔軟な幾何学ひずみ補正・設置調整を可能にする無料ソフトウェア「幾何学歪補正・設置調整ソフトウェア」(Geometry Manager Pro)をご用意。オプションのアップグレードキットET-UK20を適用することで、パソコンを用いた補正範囲の拡大や、ラインマスキング、ビットマップマスキング、ユニフォーミティー補正などの拡張機能をご利用いただけます。また、自動スクリーン調整アップグレードキットET-CUK10を使用すれば、複数プロジェクターのセットアップ調整を自動的に行うことも可能。市販のカメラとパソコンをネットワークに接続することで、幾何学ひずみ補正・エッジブレンディング・カラーマッチング・スタッキング・輝度・黒レベルを自動調整できます。


幾何学歪補正・設置調整ソフトウェア

※ 「幾何学歪補正・設置調整ソフトウェア&アップグレードキット」を利用するには、プロジェクターの登録が必要です。会員制サポートシステム「PASS」に登録いただくと、Windows®用「幾何学歪補正・設置調整ソフトウェア(無料版)」(有償アップグレードキット:ET-UK20/ET-CUK10)のダウンロードや、ET-UK20/ET-CUK10のアクティベーションキーの取得が可能になります。ET-CUK10は、ニコンD5200/D5300/D5500/D5600/D7500に対応しています。これらのカメラを用いてET-CUK10を利用するには、「自動スクリーン調整プラグインソフト」(PASSより無料でダウンロード可能)のインストールが必要です。また、D7500を用いる場合は、幾何学歪補正・設置調整ソフトウェア 6.1.10以降、自動スクリーン調整プラグイン 5.1.10以降のバージョンが必要です。




マルチスクリーンサポートシステム


エッジブレンディング機能
画面のつなぎ目を重ね合わせて、輝度をコントロール。一体感のある投写を実現します。

カラーマッチング機能
各プロジェクター間の微妙な色のばらつきをソフトウェアにより補正します。

デジタル映像拡大機能
最大横10倍×縦10倍まで、映像拡大装置を使用せずに拡大が可能です*。

* 入力信号の解像度のまま拡大表示します。

マルチスクリーンサポートシステム

「データクローニング」機能

「データクローニング」機能により、特定のプロジェクター(親機)の設定や調整値などのデータ*1を、LAN を経由して最大99台までの複数台のプロジェクター(子機)にコピーできます*2。複数台設置時における設定の手間を軽減します。


datacloning_rz16k

*1 パスワード、プロジェクター名称/ID、ネットワーク設定を除く。
*2 同一機種のみ実行可能。

※ 「データクローニング」機能は、ファームウェアのメインバージョンが 2.02以上の場合に設定できます。詳しくはPASSをご確認ください。




クイックオン/オフ

レーザー光源プロジェクターは立ち上がりが早く、電源オン後、すぐに出画が可能。また、使用後の冷却時間も不要で、いつでもすぐにシャットダウンできます。


高速スタートアップ&クイックオフ



設営に便利な自己診断表示


OSDメニューなしで状態確認などが行えるよう、本体操作部に「自己診断表示」を搭載しています。 入力電圧値に加え、エラーや警告が発生するとその内容が自動表示され、IPアドレスの設定も可能に。投写できない状況での設営を迅速化します。

設営に便利な自己診断表示



3チップDLP®プロジェクター共通のオプションレンズ*1に対応


パナソニック製3チップDLP®方式プロジェクター共通のオプションレンズ*1に対応。固定焦点レンズからズームレンズまで幅広く取り揃えており、お持ちのレンズ資産を共用すれば投資の回収も見込めます。91.6 °*2の広画角を誇る魚眼レンズET-D3LEF70は、会場を包み込むような全天周・パノラマ投写を少ない台数で実現し、ドームシアターやプラネタリウムにおいて高い性能を発揮。ゼロオフセットの超短焦点レンズET-D3LEU100(0.370:1 / WUXGA)、短焦点ズームレンズET-D3LEW200(0.645–0.850:1 / WUXGA)も新たに加わり、投写距離が確保できない環境での省スペース設置に貢献します。大きな宴会場から小さなウェディングスペースに至るまで、環境ごとに最適なものをお選びいただける豊富なレンズラインアップです。

*1 PT-RQ50KJ専用のオプションレンズを除く。
*2 レンズを最大値までシフトした時の対角。

オプションレンズ

3チップDLP®が可能にする緻密で鮮やかな映像表現



3チップDLP®方式SOLID SHINEレーザーによる高輝度・高画質投写


3チップDLP®方式とパナソニック独自のSOLID SHINEレーザー技術を組み合わせることで、高輝度で鮮やかな映像投写を再現。レーザー光源と高耐熱性の蛍光体ホイール、R・G・Bの色ごとに独立した3つのDLP®チップにより、正確な発色で高輝度・高コントラストの映像を投写します。ホテルの宴会場や企業ホールなど、「高品位な空間づくり」が求められる環境にふさわしい映像を再現でき、マルチスクリーン時の均一性も高まります。

SOLID SHINEレーザー



正確な色再現性

3チップDLP®方式SOLID SHINEレーザープロジェクターは、従来のプロジェクターに比べ、より正確な色を再現。青色レーザー光源と高耐熱性の蛍光体ホイールを組み合わせることで色域が広がり、白色が限りなくピュアホワイトに近づくため、自然でリアルな映像を投写できます。




「ダイナミックコントラスト」による高コントラスト

フレームごとのシーン連動モジュレーションをデジタル制御によって行うことで、高コントラスト比を実現。明るいシーンと暗いシーンが頻繁に切り換わる際にも、精緻な表現が可能です。投写コンテンツや照明環境に応じ、調整レベルは3段階から設定可能。電力消費も抑制し、経済的な運用に貢献します。




「コントラスト連動&シャッター連動」機能

従来はそれぞれのプロジェクターの画面ごとに動作していたダイナミックコントラスト制御が、複数のプロジェクターの画面全体に基づいて連動動作。均質なマルチスクリーン投写を実現します。シャッター機能も、複数のプロジェクター(子機)が親機に連動して動作し、一体感のある演出をサポートします。


cotrast_shutter

* フェードイン/アウトのエフェクトも含みます。プロジェクター個々での実行も可能です。




進化したノイズリダクション機能


PT-RZ16KJは色域BT.2020のエミュレーションに対応するとともに、HDR映像を投写する際に目立ちがちだった暗部のノイズを、パナソニックの最新ノイズリダクション技術で除去。暗部に発生しやすいノイズを明部の先鋭感を犠牲にすることなく取り除くことで、ノイズ感のない映像表現を可能にします。

ノイズリダクション機能



ディテールクラリティプロセッサー5

映像信号の水平・垂直の2次元データから、シーンごとに超高域・高域・中域・低域の周波数を解析。最適なエンハンス処理を行うとともに、ディテール解析のアルゴリズムを組み合わせることで、リンギングノイズの低減と精細感の向上を実現しました。


ディテールクラリティプロセッサー5



システムデイライトビュー3

パナソニック独自の「システムデイライトビュー3」機能は、エッジエンハンサー処理、ガンマカーブコントロール、カラー補正により、映像の視認性や視感度を向上。明るい環境や複数プロジェクターによるマッピング時にも、クリアで見やすい映像を投写します。


システムデイライトビュー3比較イメージ



90 %の輝度均一性

SOLID SHINEレーザー技術による正確なホワイトバランス制御・調整により、90 %を超える輝度均一性を実現。画面の周辺、中央の明るさがほぼ均一に見えます。


90 %の輝度均一性



複数台輝度・色コントロール機能

複数台投写によるマルチスクリーン時に、経時変化によって生じる輝度と色のバラツキを内蔵のセンサーで検知し、自動的に補正。長期間のイベントなどで手間と時間を軽減します。


複数台輝度・色コントロール機能

より柔軟な黒レベル補正を実現

マルチスクリーンのエッジブレンディング時、黒レベル補正の境界をスクリーンに合わせて変形できる新機能を搭載。直線だけでは補正しきれなかった、カーブスクリーンの境界の歪みもポイント単位で補正でき、暗めのシーンでもつなぎ目を感じさせない、一体感ある演出をサポートします。幾何学ひずみの「フリーグリッド機能」と同じく、制御点は最大17点まで選択が可能。4K解像度で0.5ドット以内に相当する高い精度を実現しています。


黒レベル補正

※ 黒レベル補正は、ファームウェアのメインバージョンが2.02以上の場合に設定できます。詳しくはPASSをご確認ください。

安定運用を実現する高信頼性



SOLID SHINEレーザーで、輝度と画質を長期間維持

レーザー光源モデルは、ランプ光源モデルに比べて寿命が長く、長期間使用時の輝度の低下も緩やかです。メンテナンスの手間が省けるのはもちろん、長期にわたって高画質を維持し、安定した運用を実現します。




運用の信頼性を高めるデュアルドライブエンジン


複数のレーザー素子をグループ化し、そのモジュールを2組搭載した「デュアルドライブエンジン」を採用。万一、いずれかのレーザー素子に不具合が生じても、冗長設計による保護回路が働き、輝度と発色を保ちます。
デュアルドライブエンジン



フィルターレスで20,000時間*メンテナンスフリー運用が可能

パナソニック独自の技術により、ほこりに敏感な光学ユニットの密閉度をさらに向上。内部の空気を循環させ、ヒートパイプにより熱交換させる独自の冷却システムと組み合わせることで、フィルターレスによる20,000時間*メンテナンスフリー運用を実現しています。防じん性能も向上し、大規模会場での長時間運用時でもメンテナンス費用を大幅に低減します。


フィルターレス

* 運用モード「ノーマル」、[ダイナミックコントラスト]を[3]に設定、IEC62087:2008 ブロードキャストコンテンツ投写、温度35 °C、海抜700 m、ほこり環境0.15 mg/m3の条件下で、光出力が半減するまでの使用時間です。使用条件や使用環境によって光出力半減時間は異なります。




運用の信頼性を高める「バックアップ入力」機能

万一、メインの入力信号が中断された場合にも、瞬時にバックアップの入力信号にスイッチ。ほぼシームレスに映像の復元が可能です。映像を中断させてはいけない環境での信頼性を高め、安定した運用を実現します。


「バックアップ入力」機能

※ プライマリー/セカンダリー入力の組み合わせは固定です。




さらに機能が充実した「複数台監視制御ソフトウェア」

マップ表示や登録する機器の自動検索など、便利な機能を新たに追加した「複数台監視制御ソフトウェア」に対応。イントラネット内にある最大2,048台のプロジェクターやディスプレイ、周辺機器を登録して状態を監視できます。




予兆監視ソフトウェア

「複数台監視制御ソフトウェア」に内蔵の「予兆監視ソフトウェア」(90日間無料)を併用すれば、メンテナンス性がさらに向上。機器・映像の不具合や異常発生の予兆があった場合、ノートPCやタブレット端末から事前に察知でき、現場訪問の機会を最小限に抑えます。消耗品の交換や各部清掃、部品交換のおおよその時期も知ることができるほか、ネットワークカメラと連携しての映像停止判定にも対応。トラブルを早い段階から見える化することで、メンテナンス担当者の業務負担を大きく軽減します。

複数台監視制御ソフトウェア・予兆監視ソフトウェア (製品情報)


予兆監視ソフトウェア

※ 予兆監視機能(90 日間無料)を利用するには、事前に複数台監視制御ソフトウェアのインストールが必要です。複数台監視制御ソフトウェアはこちらからダウンロードいただけます。試用期間(90 日間)の経過後は、会員制サポートシステム「PASS」にて別途ライセンスを購入することでご利用を継続いただけます。ソフトウェアに搭載されている一部機能は、本製品ではご利用いただけない場合があります。

その他の特長



動画をなめらかに再生する120 Hzリアルモーションプロセッサー

補間フレームをオリジナルの映像に挟むことでフレームを120 Hzまで増やす「フレームクリエーション」により、残像感を低減し、自然でなめらかな動画を再生。2系統のSDIまたはDVI-D/HDMIを使用した、最大120 Hzのサイマル方式の映像入力にも対応しています。


120 Hzリアルモーションプロセッサー

※ リフレッシュレートは垂直走査周波数によって異なります。




360度全方位に設置可能


レーザーテクノロジーの採用により、水平・垂直とも360°いずれの角度にもプロジェクターを設置可能。電動のレンズシフトや豊富なオプションレンズとの組み合わせにより、創造的な映像演出を実現します。

360度全方位



パナソニック独自の通信システム「デジタルリンク」に対応

LANケーブル1本(CAT 5e以上のSTPケーブル)で非圧縮のフルHD映像、音声*1、制御信号を最長150 m*2伝送可能。プロジェクターまでのケーブルを1本化でき、システムの簡素化とコスト削減に貢献します。

*1 プロジェクターに音声機能がない場合、音声の伝送はできません。
*2 別売オプションのデジタルリンクスイッチャー(ET-YFB200)と組み合わせてロングリーチモードで使用した場合に最長150 mの伝送が可能です。ただし、伝送できる映像は1080/60p(1920 x 1080ドット、ドットクロック148.5 MHz)以下に限られます。映像送出機が対応していない場合の最長伝送距離は100 mです。




3D投写対応


プロジェクター1台だけで3D投写を実現するアクティブ方式に対応。外付けIRトランスミッターとアクティブシャッター3Dメガネの組み合わせについては、こちらをご確認ください。パッシブ方式3D投写をご利用の場合は営業担当にご相談ください。

3D投写対応

便利な機能・特長

・安全なレーザーシステム

・Art-Net DMX、Crestron Connected™、PJLink™に対応

・ DICOMシミュレーションモード

・波形モニター機能

・ダウンタイムを防ぐ電源制御機能



区切り線

安心して使用できる3年/20,000時間(換算使用時間)*を保証

パナソニックのSOLID SHINEレーザー技術により、ご使用中に、万一故障しても、3年もしくは20,000時間*まで保証いたします。

保証期間について…購入後3年もしくは20,000時間保証*となります。ただし、消耗品類(電池など)およびリモコンは保証対象外となります。
(注)本体購入後、同梱されている「お客様情報+保証書」に必要事項の記入を必ずお確かめの上、大切に保管してください。
(注)保証期間内であっても、有償修理となる場合がございます。
* 3年または使用時間20,000時間(換算使用時間)の早い方となります。
換算使用時間 = A × 1.0 + B × 0.8
A:[運用モード]を[ノーマル][ユーザー1][ユーザー2][ユーザー3]に設定した状態での光源の使用時間
B:[運用モード]を[ECO]に設定した状態での光源の使用時間

安心して使用できる3年/20,000時間(換算使用時間)*を保証

主な仕様

PT-RZ16KJ
光出力

16,000 lm#/16,800 lm(センター)#

解像度

WUXGA(1920 x 1200 ドット)

業務用プロジェクターお問い合わせ

業務用プロジェクターに関する、ご購入前の疑問にお答えします。

業務用プロジェクターサポートセンター

業務用プロジェクターの設置、操作などに関するお問い合わせ