Windioシリーズ

同時通信120台以上
業務用Wi-Fiに最適

公衆無線LANや業務用Wi-Fiサービス提供に最適なアクセスポイント

3G/LTE内蔵型

PoEインジェクタ

車載用取付金具

製品一覧

業務用Wi-Fi基地局

パナソニックの強み

務用Wi-Fi基地局屋内型Wave1 EA-7HW02AP1

業務用Wi-Fi基地局屋内型Wave1
EA-7HW02AP1

業務用Wi-Fi基地局屋外型Wave1 EA-7HW02AP2

業務用Wi-Fi基地局屋外型Wave1
EA-7HW02AP2

業務用Wi-Fi基地局屋内LTE内蔵型 EA-7HW02AP3

業務用Wi-Fi基地局屋内LTE内蔵型
EA-7HW02AP3

業務用Wi-Fi基地局屋内型Wave2 EA-7HW03AP1

業務用Wi-Fi基地局屋内型Wave2
EA-7HW03AP1


ダウンロード

取り扱い説明書やファームウェアなどのダウンロードはこちらから

ダウンロードページ

お知らせ

パナソニックの強み

120台接続


2.4 GHzと5 GHzそれぞれにおいて、アクセスポイントと60台以上の端末で同時通信が可能です。利用者が多い場所でも安定的にサービスを提供できます。

この機能のご利用シーン

学校  交通

イベント

多くの端末が接続されるようなシーンを想定しています。

120台接続



https://youtu.be/lc_hhcNsfRM


サービス多重運用


目的、業務毎にネットワークを仮想的に分離することにより、運用の柔軟性と設備投資効率を向上します。

この機能のご利用シーン

学校  医療

オフィス

ネットワークの分離が求められるシーンでのご活用を想定しています。

サービス多重運用



帯域制限


SSID毎に使用できる帯域幅を設定します。

この機能のご利用シーン

医療  オフィス

優先度が高い端末の通信速度を確保したいシーンでのご活用を想定しています。

帯域制限



同時接続端末数制御


利用者数の変動に左右されずに、SSID毎に端末接続数を保証します(接続機会の公平性確保)。

同時接続端末数制御



接続端末数の制限


通信品質を確保するために、設定された台数以上の端末が接続された状態になると、新たな端末からの接続要求を拒否します。

接続端末数の制限



無線通信品質の向上


より電波干渉の少ない5 GHz帯へ接続を誘導し、また無線品質の悪いフリンジエリアの端末接続を制限します。それにより、アクセスポイントに接続している端末の通信品質を向上します。

この機能のご利用シーン

学校  オフィス

交通

広範囲を移動しつつ快適な通信を実現したいというシーンでのご活用を想定しています。

無線通信品質の向上



干渉対策


動時に全チャンネルのスキャンを行い、周囲の電波状況を把握し、最適な周波数を選択し運用に移行します。また、運用中に干渉を検出した際に最適な周波数を自動的に再選択します。

※2.4GHz側は、ノイズ干渉波検知時のみ自動再選択します。

干渉対策



VPN構築


ローカル側にVPNルータ等を設置することなく、VPNを介してリモート(センター)側ネットワークにレイヤ2レベルで接続が可能です。また、IPsecに対応し、インターネット等の一般網経由でのVPN接続が可能です。

VPN構築



マルチホップ

無線マルチホップにより、 LANケーブルを引けない場所にもネットワークを構築可能です。ただし、機種の組合せによっては、マルチホップを構築することはできません。どの機種間でマルチホップ機能をご利用いただけるかについては、 以下の「機種間マルチホップ対応表」をご確認ください。


マルチホップ

※EA-7HW02AP2は、5 GHzでのマルチホップにのみ対応しております。
2.4 GHzでのマルチホップについては将来対応予定です。

この機能のご利用シーン

工場  観光

施工上の問題などの理由により、LANケーブルでネットワークを構築できないシーンでのご活用を想定しています。




監視マネージャ


業務用Wi-Fi基地局の集中管理が可能です(設定/VerUP/ログ/ 死活監視等)。
監視マネージャはアクセスポイントの動作とは独立しているため、監視マネージャがトラブルにより停止した場合でも、アクセスポイントはサービスを継続することが可能です。

この機能のご利用シーン

オフィス

複数のアクセスポイントを集中監視したいというシーンでのご活用を想定しています。

監視マネージャ

監視マネージャ


その他の機能

セキュリティ

  • 暗号化方式として、WEP、 WPA2(Personal/Enterprise)に準拠しています。
  • 認証方式としてMAC認証、IEEE802.1X認証に準拠しています。

この機能のご利用シーン

学校  医療

ネットワークに接続できる端末を限定し、セキュリティを確保したいというシーンを想定しています。

PoE対応

  • IEEE802.3afに準拠しているため、既設のPoE給電機器を用いて使用可能です。

    ※EA-7HW03AP1をご使用の際は、IEEE802.3at対応のPoE機器をご使用下さい。またUSBを利用する場合は、付属のACアダプタをご使用下さい。
    ※EA-7HW02AP3は対応しておりません。

WMM

  • WMM機能により、アプリケーション毎に優先度を設定して送受信可能です。


端末間の折り返し禁止設定

  • 端末間の通信を制限可能です。


各種監視プロトコルをサポート

  • Telnet、SSH、HTTP/HTTPS、FTP/SFTP、SNMP/Trap、NTP、syslogに対応しています。

GIGAスクール構想の実現

写真:GIGAスクール構想

学校ICT教育環境設備へのご提案

複数端末との安定した無線LAN接続を可能にするパナソニックの業務用Wi-Fi基地局が GIGAスクール構想の実現をサポートします。

詳細はこちら

パナソニック システムお客様ご相談センター
購入、製品に関するご相談は、下記よりお問い合わせください。
受付時間 9:00~17:30(土・日・祝日は受付のみ)