骨伝導ヘッドセット 導入事例

中日本ハイウェイ・エンジニアリング 名古屋株式会社様


中日本ハイウェイ・エンジニアリング 名古屋株式会社様

騒音が激しく、危険が伴う高速道路点検で、
離れた作業者どうしの的確なコミュニケーションを実現

高速道路の点検時は、通行する車の騒音が激しいためトランシーバーの声も聞きとりづらく、通話の際に手が塞がり作業が中断されます。中日本ハイウェイ・エンジニアリング名古屋様では、長時間使用しても作業者の負担にならないコミュニケーションツールとして、グループ通話が可能なIP無線機と接続可能な骨伝導方式のヘッドセットを採用。実際の作業現場での評価や導入後の効果についてお話をうかがいました。
 

詳細はこちら




東京地下鉄株式会社(東京メトロ)様


東京地下鉄株式会社(東京メトロ)様

安全面に配慮しながら
離れた作業者どうしの快適な通話を実現

東京メトロ様の電気部では、運行の安全確保を目的に日々電気設備の点検をおこなわれてます。 エンジン音が響く保守用車内で、離れた運行補助者との連絡を正確に行う必要がありましたが、 トランシーバーでは利用時に片手がふさがり、また、耳を覆うタイプのヘッドセットでは 両耳がふさがって周囲の音声が聞こえなくなるという課題がありました。 作業者同士の声かけや安全確保が重要な現場で、骨伝導ヘッドセットがどのように課題解決に役立ったのか、 電気部の方々にお話をうかがいました。
 

詳細はこちら




トヨタ自動車様


トヨタ自動車様

騒音の大きな現場でも
クリアな音声コミュニケーションを実現

製造機械の保守・メンテナンスを担当する設備課では複数の担当者が連携しながら作業を行います。 無線機やPHS用の従来のイヤホンでは騒音で通話が聞き取りにくいといった課題がありました。 トヨタ自動車様では、プレス機による加工過程などで大きな騒音が発生する鍛造工場の設備課でプロトタイプを試用。 改善を加え、本格的な導入を決定しました。 今回は骨伝導ヘッドセットを騒音下でどう活用されているのか、設備課の方々にお話をうかがいました。
 

詳細はこちら