エンドユーザーセキュリティ

SIer・情報システム担当・IoT推進担当の方向け

トータルサイバーセキュリティサービス

セキュリティコンサルティング

IoTセキュリティ対策、スマートファクトリー化の推進。どこから着手すればよいか分からない…。


スマートファクトリー、スマートヘルスケアなどスマート化が進む一方で、セキュリティの重要性はますます高まっています。
万一の場合においても合理的な説明責任が果たせるセキュリティ対策とは何か、お客様環境・方針に合わせて具体的なセキュリティ対策の提言を行います。

セキュリティコンサルティング

サイバー攻撃検知サービス

WannaCryなど年々進化するマルウェアからシステム全体を守りたい。
既存のIoT機器のセキュリティ対策が課題だ。


年々進化するサイバー攻撃に対しては、防御だけでなく、早期検知・早期対策の備えを整備することが重要です。本サービスはIoTを含めたシステム全体へ防御・検知・対策をご提供します。既存のIoT機器もセキュリティ対策できることが特長です。また自社でSOC※1を立ち上げることが難しいお客様向けにSOCサービスをご用意しています。

※1 SOC(Security Operation Center) : システムへの不正侵入やマルウェアなどの脅威に対応する専門組織。

サイバー攻撃検知サービス

基本構成例

『サイバー攻撃検知サービス』は、IoTを含む全てのエンドポイントにおいて通信を監視・分析を行うことで、IT機器やネットワーク機器だけでなく、IoT機器からの侵入も検知可能です。また万一の場合はSOCからの対策支援を行うことができます。


サイバー攻撃検知サービス 基本構成例

【防御】

防御

特長1
「セキュアモジュール内蔵GW-BOX」を用いることで、これまでできなかった既存のIoTのセキュリティ対策が可能です。

【検知】

検知

特長2
IoTを含む全てのエンドポイントにおいて、サイバー攻撃の検知を行いますので、早期検知が可能です。

【対策】

対策

特長3
IoTを含めたシステム全体の監視を行い、リモートメンテナンスサービスで早期対策が可能です。


※2 SIEM(Security Information & Event Management) : ネットワーク上の様々な機器からログを収集・分析を行い、サイバー攻撃を検知するシステム。


脅威の可視化と迅速な対応が可能なSIEMダッシュボード


脅威の可視化と迅速な対応が可能なSIEMダッシュボード

IoTを含めたシステム全体のログ情報を一元化し、脅威の可視化と状況把握、そして迅速な対策へとつなげるダッシュボード機能です。各ネットワーク機器とエンドポイントでのリスクが見える化できますので、実務経験の浅い担当者にも対応すべき次のアクションを判断しやすくなります。

リモートメンテナンスサービス

万一に備えて遠隔保守したいが、セキュリティが弱い保守用ポートが狙われたら…。
ファイアウォールやNAT※3があって遠隔保守が困難だ。


脆弱性対策など万一の場合、現場へ赴き対策を行うと多大な費用がかかりますが、本サービスをご利用いただくと遠隔から保守ができるため、対策費用と感染拡大のリスクを低減できます。
一般的に保守機能はセキュリティ強度が低く、たびたびサイバー攻撃の標的とされていますが、本サービスではセキュアな遠隔保守をご利用いただけます。

※3 NAT(Network Address Translation) : プライベートIPアドレスとグローバルIPアドレスを変換する機能。

リモートメンテナンスサービス

セキュアな遠隔保守が可能な『リモートメンテナンスサービス』

IoT機器の遠隔保守のためのサービスです。
HTTPSによるセキュアな通信路を確立しますので、安全安心なリモートメンテナンスが可能です。


セキュアな遠隔保守が可能な『リモートメンテナンスサービス』

特長1

電子証明書を用いたPKI認証を行いますので、第三者によるリモートメンテナンスの不正利用を防止できます。

特長2

HTTPSを用いたセキュアな安全路の中で、リモートメンテナンスを行うことができます。

特長3

ファイアウォールやNAT環境下でも、リモートメンテナンスが可能です。

お問い合わせ

パナソニック システムお客様ご相談センター
購入、製品に関するご相談は、下記よりお問い合わせください。
受付時間 9:00~17:30(土・日・祝日は受付のみ)