顔認証・鍵管理サービスの利用イメージ

顔認証・鍵管理サービス

顔認証と鍵管理システムを組み合わせることで、鍵管理をカードレス化。鍵の不正利用や情報漏洩の抑制により、現場のセキュリティ課題に貢献。利用者の登録や設定は遠隔からも操作が可能。管理者のいない現場でも鍵の受け渡しや、返却・保管を実現します。

概要

近年、商業施設やオフィスビル、マンションではICカードや生体認証によるキーレス化が進んでいますが、物理的な鍵も使用され続けています。ICカードやQRコードなどで許可証を発行する鍵管理システムで鍵の受け渡しや返却、保管を自動化することで鍵管理業務の正確性、効率性が高まっている一方、それらの紛失・盗難による不正利用のリスク、鍵の利用者に許可証を発行する手間が課題となっていました。 パナソニックは顔認証を搭載した鍵管理機と顔認証クラウドサービスを組み合わせることで鍵の管理をカードレス化し、新しい鍵管理の運用をご提案します。

鍵管理機の認証イメージ

顔認証・鍵管理サービスの運用イメージ

特長

顔認証機を搭載した顔認証機

シームレスなデザインで顔認証機を鍵管理機に搭載

高い信頼性と豊富な実績を誇るクマヒラの鍵管理機本体と顔認証専用のカメラを内蔵したパナソニックの顔認証機をシームレスなデザインで組み合わせ、顔認証を搭載した新たな鍵管理機を提供します※1。個別収納型の鍵管理機と、鍵や重要物の大量保管が可能なオープン収納型の鍵管理機の2種類の鍵管理機で運用や設置環境に応じた選定が可能です。

不正利用や情報漏洩、紛失・盗難、不正利用を抑制

世界最高水準の顔認証で鍵の盗難・不正利用を低減

現行の鍵管理システムでは、鍵の受け渡し、返却・保管においてICカードやQRコードなど許可証を利用者に対して発行しており、これらの紛失や不正利用が発生し、セキュリティ上重大なインシデントに繋がる恐れがありました。今回、パナソニックの世界最高水準の顔認証技術を活用することで、許可証の発行業務を無くし、鍵の盗難・不正利用を低減できます。

顔認証・鍵管理サービスの利用イメージ

どこからでも利用者の登録・管理や設定が可能

セキュアなクラウドによる顔認証で新たな鍵管理の運用を提供します※2。鍵の管理運用者は専用端末でなくても遠隔操作で顔情報の登録や設定をすることができ、現場に管理者がいなくても 鍵の受け渡し、返却・保管ができます。また、パナソニックの顔認証SaaSプラットフォーム KPASクラウドで顔情報の登録や管理をするため、マンションやオフィスビル、インフラ施設などで拠点専用のサーバがなくても、拠点での利用許可に紐づいた鍵の貸し出しや利用が可能です。


※1:顔認証を搭載した鍵管理機本体、設置・システム構築費として初期費用が発生します。
※2:顔認証クラウド利用費として月額費用が発生します。


鍵管理業務が必要な様々なシーンでご利用いただけます


オフィスビル

オフィスビル

従業員や清掃・点検業者に受け渡す鍵の管理に

商業施設

商業施設

店舗のスタッフや警備員が使用する鍵の管理に

マンション

マンション

不動産会社や管理会社のマスターキー管理に

システム概念図

顔認証・鍵管理サービスのシステム概念図

ラインアップ

個別収納型の鍵管理機

個別収納型の鍵管理機

オープン収納型の鍵管理機

オープン収納型の鍵管理機

お問い合わせ

パナソニック システムお客様ご相談センター
購入、製品に関するご相談は、下記よりお問い合わせください。
受付時間 9:00~17:30(土・日・祝日は受付のみ)