活用シーン

CF-QV9 高性能

業務効率化を支える処理性能

レッツノート史上初となる6コアCPU搭載(CF-QV9TFLVS)

ビジネスに最適なWindows 10 Pro搭載

Windows 10 Pro 64ビット

セキュリティ機能や操作性が強化されたOS、Windows 10 Proを搭載。任意のタイミングでOSをアップデートできる「Windows Update for Business」をはじめとして、 法人利用に適した様々な機能に対応しています。

*Windows 10のOSバージョンは、品番変更はせずに機種毎の切り替えタイミングにて、Windows 10の最新OSバージョンに切り替えて出荷いたします。(詳しくはこちら

Windows 10デスクトップ画像

安全かつ高速なログインが可能な Windows Hello対応(顔認証対応)

安全かつ高速なサインインを可能にするWindows Hello対応。モニター上部に搭載の顔認証対応カメラが、あらかじめデバイスに登録した顔を認識するとパスワード入力なしでサインイン可能。利用者側に負担をかけることなくセキュアな環境を実現できます。

※指紋センサー搭載モデルは、指紋センサーでもサインイン可能

レッツノートはWindows Hello 顔認証に対応

テレワークの作業効率を高める第10世代インテル® 6コアCPU

class="for_pc"

6コア/12スレッドの高性能CPU搭載で、約3.4倍高速化(SVシリーズでの比較)


Core™ i7-10810U プロセッサー(6コア)
(インテル® vPro® テクノロジー対応:6コア)

同時並列処理の性能向上により、動画編集や高解像度の画像編集、これに加えてWeb閲覧やOfficeアプリなど同時に使用されるマルチタスクでも高いパフォーマンスを発揮します。 また、Core™ i5-10310U プロセッサー (インテル® vPro® テクノロジー対応:4コア)、Core™ i5-10210U プロセッサー(4コア)モデルもご用意しています。

QV9 CPU

6コア/12スレッドの高性能CPU搭載で、約3.4倍高速化

※量販店頭モデルでの比較です。約5年前(2015年春モデル)からの買い替えを想定した処理速度比較。上記の比較数値はあくまでも目安であり、システム構成や測定条件の違いにより実際の性能とは異なる場合があります。ベンチマークテスト(Cinebench R20)による 当社調べ。約3.4倍:CF-SV9KFNQR(CPU:i7-10710U、メモリー16GB、SSD(PCIe)512GB)とCF-SX4JDTBR(CPU:i7-5500U、メモリー8GB 、SSD(SATA)256GB)との比較。


CPU性能の最大化を目指した独自のテクノロジー「Maxperformer™(マックスパフォーマー)」


CPU性能の最大化を目指した独自のテクノロジー「Maxperformer™(マックスパフォーマー)」を搭載しています。高速性能を維持する放熱設計とCPUの適切な電力制御チューニングにより、コンパクトボディでも高負荷時のパワー維持と低負荷時の省電力化を両立しています。
●Maxperformer(マックスパフォーマー)はパナソニック株式会社の商標です。

CPU性能の最大化を目指した独自のテクノロジー「Maxperformer™(マックスパフォーマー)」

放熱設計

高負荷時にCPUが高熱になることを考慮し、当社独自の薄型で高回転・大風量・低振動のファンを採用。 さらに、部品レイアウトや吸気口位置の最適化で、放熱効果の高い空気の流れを実現しました。コンパクトなボディでも効率よくCPUを冷却し、高負荷時でも、CPUのパフォーマンスを維持します。

QV9放熱設計

電力制御

インテル製CPUの電力制御技術(インテル® DTT)を使って、独自にチューニング。様々な場所の温度を監視しながら、CPUの動作内容ごとに適切な電力制御を行い、負荷に合わせて最大限の処理速度を発揮できるように、細かな調整を行っています。

 

QV9 電力制御

インテル®vPro®テクノロジー


インテル® アクティブ・マネジメント・テクノロジー(インテル® AMT)のサポートにより、安全で確実なリモート管理を可能にするインテル® vPro® テクノロジーに対応したモデルをご用意。遠隔操作によるセキュリティレベルのチェックやファイル更新が可能なので、IT部門の業務の効率化やメンテナンスコストの削減に貢献します。

*別途、管理アプリケーションが必要です。管理セキュリティ機能はアプリケーションに依存します。


インテル® ターボ・ブースト・テクノロジー2.0


作業内容に合わせて、負荷を調整しながら必要に応じて処理速度を最適化。ハイパースレッディング・テクノロジーとともに、適応性の高いパフォーマンスを提供します。

インテル® ターボ・ブースト・テクノロジー2.0のCPU高負荷時のイメージ

インテル® ハイパースレッディング・テクノロジー


1コアあたり2つの命令を同時処理するマルチタスク機能により、プロセッサーの各コアが異なる2つの作業を同時に実行可能。ウィルスチェック中の画像加工などの処理性能が向上。作業時間の短縮をもたらします。

 

ハイパースレッディング・テクノロジーありなし

内蔵グラフィックチップ:インテル® UHDグラフィックス

メモリー 8GB/16GB LPDDR3 SDRAM

高速データ転送が可能で、低電圧で動作するLPDDR3 SDRAM規格のメモリーを搭載。8GB、16GBを搭載したモデルをご用意しています。

SSD 256GB/512GB(PCIe)

データの読み書きが高速なフラッシュメモリーを搭載しているため、OSやアプリケーションソフトの起動時間を短縮し、モバイル中に急な調べ物が発生した場合などに、その敏捷性で威力を発揮します。


PCI Express接続のSSD採用で高速化


Serial ATA接続のSSDに比べ、データ転送速度が高速化

OSの起動時間や大容量データの転送時間が大幅に短縮されたため、業務の効率化を図ることができます。さらに、磁気ヘッドやディスクなどの駆動部が存在しないので、持ち運び時の衝撃や振動によるデータ破損の可能性を低減します。

●TCG Opal v2.0準拠の暗号化SSDを採用しています。
●SSD容量は1GB=1,000,000,000バイト。OSまたは一部のアプリケーションソフトでは、これよりも小さな数値でGB表示される場合があります。

データ転送を3.9倍高速化するPCIeのSSD搭載

快適なテレワークを支えるネットワーク機能

起動するだけネット接続が可能なLTE対応モデルをご用意


受信時最大300Mbps/送信時最大50Mbps※1の高速データ通信

テザリング用のスマートフォンや、Wi-Fi接続のためのルーターが不要なので、余計な付属品を持ち運ぶことなく高速通信が可能になります。

レッツノートを使ったモバイルワークイメージ

 
SIMロック ロックは、かかっていません※2
通信速度※1 受信 最大300 Mbps
送信 最大50 Mbps
LTE対応バンド 1, 3, 8, 18, 19, 21, 28, 41 ※3
SIMカードサイズ nano SIMカード

SIMカードの取付場所
SIMカードサイズ

*SIMカードは同梱しておりません。別途、通信事業者との契約が必要です。*通信速度は、送受信時の技術規格上の最大値であり、実際の通信速度を示すものではありません。*SIMロックはかかっていません。国内専用です。SIMカードサイズ:nano SIMカード(SIMカードサイズ比較表)、LTE対応バンド:1,3,8,18,19,21,28,41*対応するバンドはSIMによって異なります。全ての動作を保証するものではありません。通信事業者によってサービス、エリアは異なりますので、詳細は通信事業者へお問い合わせください。*サービスエリア内であっても電波の弱い場所やトンネルなど一部の区間ではご利用になれない場合があります。
※1 通信速度は、送受信時の技術規格上の最大値であり、実際の通信速度を示すものではありません。
※2 国内専用です。全ての動作を保証するものではありません。通信事業者によってサービス、エリアは異なりますので、詳細は通信事業者へお問い合わせください。
※3 対応するバンドはSIMによって異なります。


Wi-Fi 6対応で約1.4倍高速化(2019年秋冬モデル比)


混雑時でも安定接続のWi-Fi 6(IEEE 802.11ax)対応

最高2.4Gbps (理論値)での通信が可能で、2019年秋冬モデルと比較して、約1.4倍高速になりました。 また、Wi-Fi 6では「直交周波数分割多元接続(OFDMA)」を採用。限られた周波数帯域を複数ユーザーが分け合い、より多くのデータを効率よく通信できるようにします。さらに、複数の端末と同時に通信が可能な「マルチ・ユーザー・マイモ(MU-MIMO)」による最大接続数が8台に増加。在宅時やモバイルワーク時、混雑したWi-Fi環境下でも高速かつ安定した通信が可能です。 なお、使用する環境や目的に合わせて使い分け可能な6つの無線LAN規格(IEEE802.11a(W52/W53/W56)/b/g/n/ac/ax準拠)に対応しています。

混雑時でも安定接続のWi-Fi 6(IEEE 802.11ax)対応

薄型ボディでも"つながりやすさ"はそのままに

薄型筐体を採用しながら、従来機種と同等のアンテナ性能を保つために、立体的にアンテナ素子を構成。より狭い搭載スペースで高感度のアンテナを実現しています。


レッツノートを使ったモバイルワークイメージ
高感度のアンテナ

 
データ転送速度
(規格値)
IEEE802.11a : 54 Mbps
IEEE802.11b : 11 Mbps
IEEE802.11g : 54 Mbps
IEEE802.11n : HT40 : 300 Mbps
HT20 : 144.4 Mbps
IEEE802.11ac : VHT160 : 1.73 Gbps(LV/SV/QVのみ)
VHT80 : 866.7 Mbps
VHT40 : 400 Mbps
VHT20 : 173.3 Mbps
IEEE802.11ax : HE160 : 2.4 Gbps
(LV9/SV9/QV9のみ) : HE80 : 1.2 Gbps
: HE40 : 574 Mbps
: HE20 : 287 Mbps
準拠規格
ARIB STD-T66/ARIB STD-T71
IEEE802.11a(W52/W53/W56)、IEEE802.11b、IEEE802.11g、
IEEE802.11n、IEEE802.11ac、IEEE802.11ax(LV9/SV9/QV9のみ)
(無線LAN 標準プロトコル)
伝送方式
OFDM 方式、DS SS 方式
通信距離
5 GHz 帯チャンネル : 見通し約30 m
2.4 GHz 帯チャンネル : 見通し約50 m
(アクセスポイントとの通信時)

●Wi-Fi 6(IEEE802.11ax)準拠モードで通信するには、本モードに対応した無線LANアクセスポイントが必要です。
● Wi-Fi 6の規格上の最高速度はアンテナ8本搭載時の9.6Gbpsですが、レッツノートの無線LANアンテナは2本で、最高速度(理論値)は2.4Gbpsです。
●HT160対応のアクセスポイントでのみ 、2.4Gbpsのデータ転送速度でご利用いただけます。
●通信速度は、無線LAN規格の理論上の最大値であり、実際のデータ転送速度を示すものではありません。表示の数値は、本機と同等の構成を持った機器と通信を行ったときの理論上の最大値であり、実際のデータ転送速度を示すものではありません。
●IEEE802.11ac、11n準拠の表記は、他の準拠製品との接続性を保証するものではありません。
●IEEE802.11aが使用する5.2GHz/5.3GHz帯(W52/W53)を使って屋外で通信を行うことは、電波法で禁止されています。W52(登録局を除く)/W53をご使用で、無線LANがオンの状態で本機を屋外で使用する場合は、あらかじめIEEE802.11aを無効にしておいてください。
●通信距離は、電波環境、障害物、設置環境などの周囲条件や、アプリケーションソフト、OSなどの使用条件によって異なります。


スリープ状態からの復帰が早い。 モダンスタンバイ対応。

スリープ状態からの復帰が早いモダンスタンバイに対応。すぐに作業を再開できるだけでなく、スリープ中もスマートフォンのようにネットワークに接続された状態を維持できるので、メールの受信が常時行われ、PC起動時に受信フォルダの更新をしなくても、新着メールをすぐに読むことができます。

*通信環境によっては受信が困難な場合があります。

レッツノートQVは液晶最上部に自社設計の好感度アンテナを搭載

モダン スタンバイ


新着メールすぐに読める

新着メールをすぐに読める

スマートフォンのように、いつでもすぐに最新のメールをチェックできます。

スリープ状態からの復帰が早い

スリープ状態からの復帰が早い

離席から戻った時や移動中に急な仕事が入った時もすぐに作業を再開できます。

skypやメッセンジャーの受信で自動復帰

Skypeやメッセンジャーの受信で自動復帰

バッテリーを節約しながらも、コミュニケーションのタイミングを逃しません。


Bluetooth v5.0内蔵


省電力で近距離のワイヤレス通信ができるBluetoothを内蔵。 簡単なセットアップでデジタルカメラや携帯電話、各種端末とケーブルなしで接続でき、モバイルでの作業スピードをアップ。

※Bluetooth対応のすべての周辺機器の動作を保証するものではありません。 対応プロファイルの詳細を見る


ご相談・お問い合わせ

 
 
法人向けPCご購入前相談窓口
ご購入相談、デモ機お貸出し、カタログ請求など
受付時間:9:30~12:00,13:00~17:30
(土日、祝日、年末年始、弊社所定の休日を除く)
 
パナソニックパソコンお客様ご相談センター
パソコンに関する操作方法、技術的なこと、不明点など
9:00~20:00 17:00(365日受付)
※携帯電話・PHSからもご利用になれます。
※発信者番号通知のご協力をお願いいたします。非通知に設定されている場合ははじめに「186」をダイヤルしてください。
※中古製品および発売日から5年を超えた製品に対する技術相談料は有料となります。(2016年11月から)