LinkRayの活用シーン

光IDソリューション LinkRay

多言語おもてなしによる「インバウンド対応」

多言語おもてなしによる「インバウンド対応」
多言語おもてなしによる「インバウンド対応」

スマートフォンの設定に応じた言語で情報提供することにより、海外からの観光客へのホスピタリティを向上。来場者からの問い合わせへの負荷を軽減でき、施設のスムーズな運営に役立ちます。


多言語おもてなしによる「インバウンド対応」

集客・販売効果を高める「広告活用」

集客・販売効果を高める「広告活用」
集客・販売効果を高める「広告活用」

商品ごとの詳しい情報や、お得なクーポンを配信することで、ユーザーの購買意欲を増加させます。顧客ごとにカスタマイズされたお知らせを届けることも可能。実店舗やオンラインストアの集客につなげます。


集客・販売効果を高める「広告活用」

価値を高める「情報発信」

価値を高める「情報発信」
価値を高める「情報発信」

美術館や博物館での展示品や、店舗での商品ごとに詳細情報を提供。来場者は興味を持ったら、すぐに個々の関連情報にアクセスでき、顧客満足度を向上させます。空間デザインを損なうことなく、デジタル化による経費の削減にも貢献します。


価値を高める「情報発信」

行動の可視化による「効果的マーケティング」

行動の可視化による「効果的マーケティング」
行動の可視化による「効果的マーケティング」

光ID送信機にスマートフォンをかざした履歴情報(アクセスログ)を参照できます。展示品や商品への興味の度合い、または、来場者の動線や行動を把握でき、より効果的な展示レイアウトや商品陳列に活用できます。


行動の可視化による「効果的マーケティング」

※図は全てイメージです。実際の画面とは異なります。




※「光ID」技術について、パナソニック株式会社は日本とその他の国において特許を保有しています。


商標について

お問い合わせ

パナソニック システムお客様ご相談センター
購入、製品に関するご相談は、下記よりお問い合わせください。
受付時間 9:00~17:30(土・日・祝日は受付のみ)