活用シーン

現場×働き方改革 徹底解剖

「現場」で業務効率化を達成するには?

いよいよ本格化する「働き方改革」に、早急に求められる「新型コロナウイルス対応」。 「現場」特有の課題をどう乗り越えていくか。そのヒントをご紹介します。

働き方改革はオフィスワークだけ。「現場」には関係ない?

ペーパーレス化・リモートワークなど、世間で多く語られているのは、オフィスワークでの働き方改革が中心ですが、「現場」での働き方改革も重要です。エネルギー(電力・ガス)、水道業界での「点検」や、通信、建設業での「工事」、製造業での工場ラインなど、人手不足を抱える現場でも、生産性を高めて業務効率化の推進が可能です。


点検・保守

点検・保守

工事

工事

製造ライン

製造ライン



「現場」での業務効率の課題


現場と本部とのコミュニケーションが遅い

現場と本部との コミュニケーションが遅い

現場と本部とのやりとりに時間がかかるため、判断やバックアップが遅れてしまい、 本部による迅速な対応・サポートが難しい。

現場作業者の間でスキルに差が出る

現場作業者の間で スキルに差が出る

現場作業員のスキルを高位平準化したいが、 教育・研修で補うのはなかなか難しい。

品質のばらつきを防ぎたい

品質のばらつきを防ぎたい

作業ミスを防ぐ管理体制を作りたいが、チェック・管理を行う工数が膨大になり、作業管理が難しい。


 

 

このような「現場」での働き方改革、一体どうする?


Withコロナ時代。「現場」での働き方はどう変えればいい?

新型コロナウイルスの影響で、テレワークやオンライン会議、出勤日の分散などの「新しい働き方」が増えています。しかし必ずしも「現場」で同じような働き方ができるわけではありません。


「現場」での業務効率の課題


工期が決まっており、人手を減らすわけにはいかない

工期が決まっており、 人手を減らすわけにはいかな

テレワーク等での出社規制ができない作業現場。工期も決まっており、人員を減らすというわけにはいかない事業者も多いのではないでしょうか?

現場でしか作業ができず、人が密集せざるを得ない

現場でしか作業ができず、 人が密集せざるを得ない

大規模な工事では、一か所に多くの作業員が集まってしまい「密」を避けることはなかなか難しいのではないでしょうか?


 

 

人手を減らさずに、現場の「密」を減らすには?


デジタル・IT活用の時代。「現場」の生産性をどう高める?

働き方改革の流れやコロナウイルスの影響により、デジタル活用による業務効率化がますます進展する兆し。現場でも、どのようにデジタルを活用し、生産性を高めるかが問われています。


「働き方改革」分野でのデジタル投資が大幅増加の見通し

コロナ禍を受けた各社のIT・デジタル投資の増加・減少の見通し(領域毎)


「働き方改革」分野でのデジタル投資が大幅増加の見通し

※「該当テーマの取り組みなし」を除外
※「大きな変化はない(5%未満の増減)」、「わからない」はグラフ未記入
出典:(株)野村総合研究所『新型コロナウイルス影響に関するCIO調査』


国交省ではウェアラブルカメラを用いた 「遠隔臨場」の試行スタート

「現場」の業務効率化として、今注目されているのが、監督者が遠隔で確認・指示を行い、現場支援や作業管理ができるウェアラブルカメラ。国交省も試行を開始しています。


国交省ではウェアラブルカメラを用いた 「遠隔臨場」の試行スタート

参考:国土交通省『建設現場における遠隔臨場に関する監督・検査試行要領(案)』

 

 

一般的なウェアラブルカメラの課題や、 最新製品の特長もご紹介。


業界別の現場働き方改革のノウハウを無料ダウンロード

エネルギー業(電力・ガス)、水道業、通信業、建設業、製造業の5業界に合わせた 現場の働き方改革、業務効率化方法をご紹介。


Contents

Contents

  • ここは押さえておきたい
    働き方改革関連法のポイント
  • Withコロナ時代の現場の働き方改革例
  • 現場の働き方改革のポイント

エネルギー(電力・ガス)編の画像

エネルギー(電力・ガス)編

製造(自動車・製鉄)編の画像

製造(自動車・製鉄)編


放送・業務用映像システム 購入前お問い合わせ

デモ・見積りなどのご相談は、下記よりお問い合わせください。

放送・業務用映像システム サポートセンター

製品の設置、設定、操作などのご相談は、下記よりお問い合わせください。