アバター式リモート案内サービス

アバター式リモート案内サービス
「TAZUNE™」

受付・案内業務のデジタルトランスフォーメーションを実現

「TAZUNE™」とは?

無人の「AI対話機能」と有人の 「リモート対話機能」の併用により、受付・案内業務の応対品質向上と業務効率化を実現する複合サービスです。
利用者の「問い合わせや質問」に対し、アバターを介して、AIもしくは人が柔軟に応対します。
※現在(2021年11月)は「リモート対話機能」のみ先行リリースしております。「AI対話機能」の利用をご検討されているお客様はお問合せください。

サービスの特長

■「AI対話機能」
音声認識技術を使うことでお客様の問い合わせ内容を理解し、AIが自動応対するサービスです。学習型のAIを活用することで、あいまいな質問にも高精度かつ適切な応答をすることができ、業務効率化に貢献します。

■「リモート対話機能」
AI対話機能で対応しきれない高度な問い合わせでも、遠隔の専門オペレーターにスムーズに接続する事が出来るので、顧客満足度の向上に貢献します。


特長1

ニューノーマル時代に適応した非対面応対

インターネットを介してどこからでも応対が可能。接触機会が低減でき、利用者は安心してサービスを受けられます。また、オペレーターのリモートワークも対応が可能となります。

特長2

AI×オペレーター ハイブリッド応対

高精度なAIエンジンによる自動応対が可能。AI対話機能による応対からオペレーターへスムーズな切り替えができます。

男女アバター画像

対面接客に近い高臨場感アバター

現場の雰囲気にマッチした親しみやすいアバターがオペレーター本人の声でご案内。人が目の前にいるかのような臨場感でおもてなしでき、対面と同等のサービス品質を担保できます。

表示画面

多彩な表示機能

カメラ映像や資料共有により遠隔非対面でも多くの情報提供が可能。サイネージからリモート応対、資料の提示まで活用シーンに応じてさまざまな画面に切り替えができます。

利用シーン

受付・案内業務のさまざまな課題にお役立ちします。

【お困りごと】
・働き方改革を推進したいが、サービスレベルは落としたくない。
・接遇スキルの高い人材が集まりにくい。
・感染症対策で、人との接触機会をできるだけ減らしたい
・外国語対応、インバウンド対応をおこないたい


駅・空港

駅・空港

商業施設

商業施設

ホテル・旅館

ホテル・旅館

観光施設

観光施設

オフィスビル

オフィスビル

病院

病院

サービス概要

AI対話機能(無人対応)とリモート対話機能(有人対応)を、個別にご利用いただくこともできます。


AI対話イメージ

標準的な応対が多い場合には、高精度なAI対話機能

学習型のAIを使用することで、より自然で柔軟な対応を可能にします。

リモート対話

複雑な応対が多い場合には、リモート対話機能

遠隔地のオペレーターによる有人対応をアバターを介して行います。

導入メリット・効果

現状

・濃厚接触の恐れがある対面での応対を極力減らしたい。
・受付、案内業務を自動化し、業務効率を改善したい。
・オペレーターの業務負荷を減らしたい。
・個人による差の無い均一なサービスを提供したい。

将来

・対面による接客、接触機会の低減。
・頻度の高い問合せをAIで自動応答、複雑な問い合わせは専門のオペレーターへ接続
・AIがお客様の意図を汲み取り、最適解をご提供

導入事例

導入事例:羽田空港

日本航空株式会社様

JALとパナソニック、アバター式リモート案内サービスの共同実証実験を開始 ~オペレーターが遠隔より対応、非接触・非対面でもお客さまを笑顔でご案内~

導入事例:東京観光情報センター

公益財団法人 東京観光財団様

東京観光情報センターで、遠隔案内等の技術を活用したアバターによる非対面での観光案内サービスの実証実験を開始

FAQ

お問い合わせいただく前に、こちらをご覧ください。


Q:ディスプレイ向きは横型でも利用可能ですか?

Q:アバターの動作はオペレーターの動きに連動するのですか?

Q:多言語の対応は可能ですか?

Q:オリジナルのアバターを利用する事は可能ですか?

お問い合わせ

パナソニック システムお客様ご相談センター
購入、製品に関するご相談は、下記よりお問い合わせください。
受付時間 9:00~17:30(土・日・祝日は受付のみ)

関連リンク



●アバター式リモート案内サービス「TAZUNE™」はパナソニック システムデザイン株式会社の「AttendStation™」を活用したサービスです。
●「TAZUNE」はパナソニック株式会社の商標です。