デジタル入力レコーダーDMR-T4000R

デジタル入力レコーダー
DMR-T4000R

講義/講演コンテンツをディスクに収録し、HDライブラリ化を推進。
大学向けICTシステム

デジタル入力レコーダーDMR-T4000Rは、HDMI/HD-SDI入出力端子を搭載し、講義や式典などの映像を、フルHDの高画質でダイレクトにHDD/BD(DVD)に記録できます。講義/講演のHDライブラリ化や、遠隔授業記録システムを簡単に実現でき、学生や生徒達の繰返し学習を促す一方、授業の地域格差の縮小や、反転授業への応用を可能にします。


システム例

高画質映像をディスクやHDDに記録可能

高画質映像をディスクやHDDに記録可能

講義や講演などの映像を、フルHDの高画質で記録可能です。長期保存や配布用にはBD(DVD)、通常の活用には内蔵HDDと、目的に応じて録画先を選択できます。HDD/BD(DVD)同時記録も可能です。

遠隔講義収録システムの構築も簡単

遠隔講義収録システムの構築も簡単

テレビ会議・ビデオ会議システム(HDコム)にダイレクトに接続できるため、遠隔講義の録画システムも簡単に構築できます。

安定した収録を安価に実現

安定した収録を安価に実現

HDMI/HD-SDI入出力端子搭載により、さまざまな機器との直接接続が可能で、シンプルで信頼性の高いシステムを構築できます。また、コンバーターが不要になるなど、費用の削減も期待できます。


新機能!  DVDビデオディスク(SD画質)が高速で作成可能

①HDDからDVDへの高速ダビングが可能になります。
②「DVDビデオ」方式でのディスクへの直接録画が可能になります。
◎SD画質となります。QT-AK4000(別売)のインストールが必要です。

今お使いのDMR-T4000Rも有償アップデートが可能です。

「DVD作成を手軽に」とのご要望にお応えしました。

RS-232Cによる外部制御対応

RS-232C端子を備え、PC等の外部機器から制御が可能です。
リモートカメラなど、システムの他の機器と共に、手元のPCで一括操作でき、タッチパネルやGUIなど、初心者にも優しい操作系と組み合わせることも可能です。

録画映像のネットワーク転送※1

内蔵HDDの録画映像を、任意のデータを選んで転送、または全てのデータを自動で転送により、ネットワーク経由でPCに転送できます。転送するファイル形式は、M2TSとMP4を選択できます。
※1:本機能をご利用いただくには、アップグレード用ソフトウェアキー「QT-AK4000」、およびデジタル入力レコーダーダウンロードソフト(いずれも有償)が必要です。

お問い合わせ

パナソニック システムお客様ご相談センター
購入、製品に関するご相談は、下記よりお問い合わせください。
受付時間 9:00~17:30(土・日・祝日は受付のみ)