長島観光開発株式会社 ナガシマスパーランド様

新アトラクション「ナガシマ釣りスピリッツ」用 映像・音響・照明設備
アミューズメントのスペシャリストとの協業により、お客様に喜ばれる屋内型のVRアトラクションを共創。

導入の背景

大型アミューズメントパークの次期アトラクションの
プレゼンテーション参加オファーがきっかけ

パナソニックはバンダイナムコアミューズメント様(以下、バンダイナムコ)と協業し、ナガシマスパーランド様(〈三重県桑名市〉以下、敬称略)の遊園地内に2018年12月19日にオープンした新アトラクション「ナガシマ釣りスピリッツ伝説の白鯨を追え」に、映像・音響・照明設備を納入しました。
国内最大級の大型アミューズメントパーク、ナガシマスパーランドは、2017年秋に終了したアトラクション施設(ポケモンアドベンチャー)の跡地に、屋内型のアトラクションを企画していました。ポケモンアドベンチャーに変わる屋内型アトラクションが、まだ決定していなかったため、パナソニックもプレゼンテーションに参加することになりました。
ナガシマスパーランドからの要望は、「屋内型のVRアトラクション」でした。

遊具やVRに深い知識がない中、
異業種のアミューズメント機器メーカーとのコラボを模索

パナソニックは当初は、遊具やVRの知見が深くなく、どのような提案を行うかは悩みどころでした。ナガシマスパーランドの要望にお応えするためには何をすべきかを模索。異業種のバンダイナムコとの協業を行うことになりました。同社は、全国の商業施設で多くのVR施設を運営しており、豊富な実績とノウハウをお持ちです。

パナソニックとバンダイナムコアミューズメントの技術と
ノウハウを結集して、新たなアトラクションを共創してご提案

最終的にナガシマスパーランドへのプレゼンテーションで提案したアトラクションは、バンダイナムコが開発し、全国のゲームセンターなどで大人気の魚釣り体験メダルゲーム「釣りスピリッツ」をベースとしたアトラクションです。プレゼンテーションの後にも、さまざまな提案を重ねました。その結果、パナソニック製プロジェクターを使用したプロジェクションマッピングで実現する「釣りスピリッツ」を受注することができました。

アトラクション入口に掲げられた、釣りスピリッツファンにはおなじみのロゴ。
納入された「ナガシマ釣りスピリッツ」は、3方向から同時に最大24人がアトラクションを楽しめます。
釣竿を模したサオコンを手に、リールを巻くのも力が入ります。

採用の理由

今回のVRアトラクション「釣りスピリッツ」導入の決定ポイントは、以下の3点です。

  1. 釣りスピリッツの知名度
  2. 来館者のゲームの回転率と収益率
  3. パナソニックの保守対応力

〈アトラクション内容〉

設置された12台のゲーム機(同時24名が遊べます)で、お客様が床面に映し出された海の映像で魚を釣るゲームです。ゲーム機に備え付けのサオ型コントローラで魚を釣り上げ、釣った魚の大きさを競います。大物やオリジナルの魚影が出現すると場内の照明(ミラーボール・フラッシュ)が光り、効果音が響き、釣り場の雰囲気を盛り上げます。
大型の魚を釣ると正面のプロジエクターに魚の大きさなどが表示されます。「釣りスピリッツ」は、子供から大人まで人気のゲームで、通常6~8人が一度に遊べる遊具ですが、今回ナガシマスパーランドに納入されたアトラクションは24人が一度に遊べる超大型の設備になっています。パナソニックのマッピング用プロジェクターを5台使って大海原をプレーヤーの目の前に展開し、迫力のある画面を実現しています。

5台のマッピング用プロジェクターがプレーヤーが集う床面に大海原を投影します。
ナガシマ釣りスピリッツの全景。

お客様の声

オープン間もない時期に、朝から行列ができるほどお客様にご好評いただいています。

ナガシマスパーランド内のアトラクションは、ほとんどが屋外型の乗り物ですが、今回は、屋内型のアトラクションを初めて導入しました。
近年のVR施設の増加に伴いVR系を検討し、数社より提案をいただき、パナソニックからも提案を受けました。全国のVR施設の見学等を行いましたがVRゴーグルを使用するアトラクションは、1回のゲーム時間などが長く、来場者の回転率や収益面の関係で導入が困難であるという結果に至りました。
パナソニックとバンダイナムコからの提案は、長島観光開発からの評判も良く、オープンまで短期間でしたが、過去からの映像・音響設備実績と安心感もあり採用の後押しとなりました。
今回導入の釣りスピリッツは、世界的に知名度が高く、子供から大人、老人まで家族で遊べ、ルールも簡単で感覚的に遊べることに魅力を感じました。又 同時に24名もの人数で遊べ、回転率も良いことから本アトラクションを採用する事としました。
クリスマスの3連休には多くのお客様が来られ、ナガシマリゾートに宿泊のお客様には朝一番から並んでいただき大変好評を得ています。今後も屋内型の新アトラクションを計画しています。来場者数の増加につながるアトラクションを、パナソニックと運用を含めたソリューション提案により、お客様に喜ばれる企画を立てて行きたいと思います。

ナガシマスパーランドのWEBサイトを見る

オープン以来、リピーターも増えているとのことです。
アトラクションの係員用の操作ブース。
操作が簡単な係員用タブレット。

主な納入機器

今回はバンダイナムコとの協業の提案でしたので、バンダイナムコとパナソニックに直接発注をいただく形となっています。

パナソニックの主な納入機器

  • 床面投映の4面マッピングプロジエクター PT-RZ870JB 4台
  • 正面映像 PT-RZ870JB 1台
  • 演出音響設備 WS-AR200 4本
  • WZ-DM304、WP-DA204、WX-SR204等
  • 照明設備 スポットライト 14台
  • シーンマネージャー 1台
  • ミラーボール 3台
  • パーライト 4台
  • サーバPC 2台
  • Qラインサイネージ TH-55SF2J 1台
音響設備 WS-AR200
照明や音響などの操作は1か所で簡単です。
プロジェクター PT-RZ870JB